英語が上達しやすい人とそうでない人の違い

「英語が上達しやすい人とそうでない人の違い」なんて大それたタイトルですが、自分はひとさまに自慢できるような英語をしゃべれるわけではありません。

でも、海外で生活するようになったり、仕事の関係上たくさんのワーキングホリデーでニュージーランドに来ている日本人と出会って、「傾向」みたいなものが見えました。

今日はそんな英語の上達にまつわる話です。

ここで言う「英語の上達」の意味

英語と一言で言ってもWriting、Reading、Listening、Speaking、それに他にも語彙力(vocabulary)などもあります。

今回のポイントはテストで点数を取れるとか、たくさん単語を知っているという意味ではなくて、英語を使って外国人とコミュニケーションを取ったり、仕事をしたりする、なんて言うんでしょう、「英語をツールとして上手に使える」という意味で上達しやすい人、そうでない人の違いです。

なのでテストでどんなに点数が高くても、ツールとして使えず会話がなり立たない人もいれば、テストの点数はヒドくてもツールとして使いこなして、会話が成り立つ人もいたりするわけです。

そういう意味での上達具合です。

「話し好き」が上達の鍵

自分の周りにいる英語がすごく上手な人は、日本語で話していてもすごく良く喋るし、話が面白い人が多いです。

逆に日本語でも普段からあまり喋らず無口な人・聞き手に回っている人や、話があんまり面白くない人は英語をあまり喋れないことが多いです。

たぶんおしゃべりが好きな人は、相手と喋りたい・何か伝えたいという気持ちの方が、慣れない言葉を喋る不便さよりも勝っているし、喋れば喋るほどそれが練習になるんです。そして、そもそものおしゃべり好きな人は言語能力とかコミュニケーション能力に長けているんだと思います。

だから全員が全員とは言いませんが、日本人の場合は喋るのが好きな女性は上手に英語を喋り、わりと無口な人が多い男性は英語を上手に喋れないんじゃないでしょうか。

ただし、ここに例外がいて喋るの大好きすぎる人はワーホリとかに来て英語を勉強しているのに、微妙なニュアンスが伝わらない伝えられない英語から逃げてしまう人もいます。実際に知り合いで何人かそういう人がいます。

もちろん個人的な感じ方です。
でも、自分の周りでは英語が上手な人は男も女も饒舌です。よーーくしゃべります。英語を上手にしゃべれない人は日本語でも聞き手に回ることが多いです。

無口な人はどうしたら良いのか

やっぱり英語って言葉なので、誰かに向かって喋ったり書いたりしなければ上達しないと思います。

机に向かって参考書読んだり、単語帳を開いて頭に言葉を叩き込んでもダメだと思うんですよね。

昔から習うより慣れろという言葉があって、この言葉はまさに的を射てる気がします。無口な人ほど多少無理してでも英語で人と関わりあわなければいけない状態に持っていって、無理矢理にでも英語をしゃべる必要があります。

皆さんどう思いますか?

こういう英語を上達しやすい人とそうでない人の傾向ってあると思うんです。

皆さんの意見も聞かせてもらえると嬉しいです。
そして、これを読んで英語の勉強をしている人が少しでも参考にしてもらえれば幸いです。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS