新ニュージー土産を発見。絶品”Waha Wera”

ニュージーランドから日本に一時帰国するとき、いつもお土産に迷います。

ニュージーランドのお土産ってイマイチ目新しいものがないか、ぜひプレゼントしたいもの・もらって喜ばれそうなものは、重いか高いものばかりです。

そんな中、そんなに高くなくて、そんなに重くない、そして日本には売ってないお土産を見つけました。

その名も「Waha Wera」


ニュージーランドに住んでいる人なら「あ、スーパーで見たことある!」と思う人も多いはず。

それもそのはずです。このソースどこのスーパーでもけっこう売ってます。

でも、なんか謎すぎて試したことない人も多いんじゃないでしょうか。自分もその一人でした。

ところがWellingtonで寄ったカフェMaranui Cafeでこのソースに出会って試してみたところハマっちゃいました。

どんな味のソース?

このソースの味は、最初ペロッと舐めるとそこそこ甘いんです。そしてほのかな酸味もします。

そのあとでドカーーン!と辛さが押し寄せてきます。知らずにスプーン1杯舐めちゃったらもう大惨事です。

それもそのはず。
まずほのかは甘みと酸味はニュージーランドのフルーツの代表とも言えるキウィフルーツを使っているからです。
そしてその甘みをさらに後押ししてくれるのが、これも「ニュージーランドと言えば」と聞かれて出てくるお土産の定番中の定番マヌカハニーを使っています。

そして、激辛はなぜか南米からの使者、世界中でもっとも有名な激辛トウガラシのハバネロが使われています。

どうですか?
ニュージーランドのお土産が1つのボトルに凝縮されていませんか?

Waha Weraの意味

ちなみにWaha Weraの意味はWahaがMouth(口)、Weraがto burn(燃える)なので、「口が燃える」という、まぁある意味そのままの名前です。

どんな料理に合うんだろう?

このソース。いろんな料理に合います。
タバスコ感覚で使えると思います。辛さだけじゃなくて甘みもあるのでむしろ味に深みが増します。
ただその甘みがある分だけ、中には「あ、これはタバスコの方が合うな」というのがあるのも正直なところです。

個人的には上で紹介したようなシンプルな塩胡椒と素材の味で楽しむようなものとか、肉料理にすごく合うと思います。

新しいお土産の定番に昇格しそうな勢いです

お値段もスーパーで4-6ドルくらいと安いし、10本持って帰ると重いけど数本持って帰る分には全然気にならない重さです。

ワインは重いし本数に制限があるし、チョコレートは日本でも食べれるし、マヌカハニーとか羊毛製品は高いし、マオリの置物は誰も喜ばないし、新しいニュージーランドのお土産の定番になりそうです。

日本に帰るとき、買って帰りますので希望者は教えてくださいね。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS