Taupoで偶然見つけた美味しいカフェBodyfuel

スポンサーリンク

シリーズ北島縦断の旅2012の5話目です。

今回の旅はChristchurchを出てから「食べる」→「ドライブ」→「食べる」と来ています。なので、今回は「ドライブ」かと思いきや、再び「食べる」です。前回が晩ご飯だったので、今回は朝ご飯を食べたお店についてです。
この旅で取ったカロリーを考えるとゾッとしちゃいます。

自分のレーダーで探す美味しいカフェ

旅のあいだご飯を食べるところを、事前にいろいろ調べて食べに行くのも楽しいんですけど、やっぱり自分の感で「ここ良さそう」とお店を決めるのもある意味で旅の醍醐味な気がしませんか?

Taupoの朝ご飯はどこで食べるか全然決めずにいきました。

街の中をウロウロして、お店のメニューを見て、中の様子をうかがって…。
そんなことをするのって時間はかかるけど「旅をしてる」って言う感じがして好きです。たまには外れも引くけど、それもあとで笑い話になりますからね。

ビビッ!と来たカフェBodyfuel

そんなレーダーに引っかかったのが、今回紹介する「Bodyfuel」です。


お店は10時半くらいでけっこうな満席でした。
「レーダー」なんて聞こえは良いけど、他のお店は閑散としてたのにこのお店はけっこうお客さんが入っていましたので、一目瞭然でした。

まずはカプチーノが出てきました。

泡はきめ細やかでスプーンで思わず食べたくなるくらい上手でした。

何より嬉しいのはコーヒーと一緒に出てくるアーモンド。
自分がもしカフェを開いたら絶対にこれマネしたいです。たかだか原価数セントのオマケを付けるだけでお客さんがすごく喜んでくれるなら、その分原価が高いコーヒーでも良いと思います。それが目当てで1杯でも多くコーヒーが売れたらそのコストは消えますからね。

スポンサーリンク


まず自分が食べたのはハッシュブラウンみたいなやつ、ポーチドエッグ、マッシュルーム、アボカドに、サッパリしたクリームソースがかかっている物です。


やっぱり卵はこういうトローーリが好き。

なんかすごいボリュームみたいに見えるけど、意外とサラッと食べれちゃいました。


もう1品は、パンの上にキノコを炒めてブラウンソースで和えたもの。
ここのパン、こんなこと言っちゃうと失礼かもしれないけど、期待していなかったのにすごく美味しかったです。生地がフワッとしてて、ソースとかキノコとかいらないからパンだけ食べたかったです。

もちろんソースもすごく美味しくて、そのソースをしっかり吸ったパンはまた格別でした。

期待してなかった分、大満足

期待値が高すぎると行ってみて「言われるほどでもないね」ってなることけっこう多いんですけど、そういう先入観がなかったのですごくご飯を楽しむことができました。

Taupoに来たときは、また「Bodyfuel」に寄りたいと思います。

まだまだ続く北島縦断の旅2012

さてご飯も食べたことだし、Taupoを離れます!
次の目的地はTaupoでも超有名な観光地でありアトラクションがあるHuka Falls(滝)とJet boat、さらにニュージーランド心の故郷ロトルアで観光です!

この旅をシリーズで読みたい方は「北島縦断の旅2012」をご覧ください。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS