走行距離1100km。ニュージーランド北島縦断の旅

スポンサーリンク

実は、日曜日から今日までの3泊4日で北島旅行をしてきました。

4日間の走行距離は全部で約1100キロ。
正確には北島は700キロ。南島でクライストチャーチに行くまで往復で400キロほどあるんですけど、かなりの距離を走ってきました。
ちなみに1100キロというのは、東京-福岡とほぼ同じ距離でした。距離を調べてみてビックリです。

北島のルートはこんな感じでした。


View Larger Map

今回は奥さんと「行ったことがないところを見に行こう」と決めていたので、すでに行ったことがあるWellingtonやAucklandはほぼ行かず、ChristchurchからWellingtonまで飛行機で行って、あとは車でひたすら北上しながら、Palmerston North、Taupo、Rotorua、Hamiltonを訪れてAucklandからChristchurchに飛行機で戻ってきました。

思わぬ悪天候で、予定はだいぶ変わってしまいましたが、それなりにいろいろ実りのある楽しい旅行でした。

出発は朝の4時半


うちからChristchurchまでは車で約2時間半かかります。
飛行機が8時すぎだったので、1時間前には着いて軽く朝ご飯を済ませたかったので、家を出たのは4時半でした。おかげで外は真っ暗。月がキレイに空を照らしていました。


写真ではちょっと伝わりにくいけど、朝焼けが始まる一瞬前の空。真っ暗な空にもの凄く濃い赤いインクを垂らしたみたいに地平線が輝いていました。


予定通り空港についてチェックインして、持参したおにぎりを朝ご飯に食べました。なんでこういう遠足的なおにぎりって美味しいんでしょうね。
この飛行機を待つラウンジは木の感じ、曲線の感じがすごく落ち着く雰囲気で好きです。


搭乗の時間。

スポンサーリンク


飛行機は意外と小さくてプロペラ機。このタイプの飛行機は座席の間隔が狭いから、他の人より背が高い自分には窮屈なんです。


まさかの高校生の団体と同じ飛行機でした。けっこうずーーーーーっとピーチクパーチク喋ってました。
でも、朝早かったおかげで機内はほぼずっと寝っぱなし。次に起きたのは飛行機が着陸するときの振動でした。

まだまだ続く北島縦断の旅2012

今回は旅の序章Christchurchを飛び立つ前までの話でお終いです。
明日からしばらくはこの旅行の話をメインに書いて行こうと思います。でも、それだけではなく、他の話もあいだに挟んで行く予定です。

次回の話はWellingtonで見つけためちゃくちゃ人気のカフェです。

この旅をシリーズで読みたい方は「北島縦断の旅2012」をご覧ください。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS