NZ全体で異変?パジャマで外出が一般化の兆し

スポンサーリンク

昨日、インターネットでニュージーランドのニュースを読んでいたらちょっと気になる記事が書かれていました。そのタイトルはPyjamas in public a rising trend | Stuff.co.nz
南島の街クライストチャーチでパジャマを着たまま街を歩く人が増えているというものでした。

「へー」と思って別のニュースサイを見ていたら、今度はPyjamas in public splits Gisborne – Yahoo! New Zealand Newsという記事。
同じようにパジャマを着て街を歩く人が北島の街ギズボーンでも増えているという内容でした。

同じ都市の話を違うニュースサイトが取り上げるのはわかりますが、それぞれ北と南遠く離れたところで似たような現象が起こっているのはすごく不思議ですよね。

ちょっとどんなニュースなのか、これらの2つのニュースをちょっと読み解いていきたいと思います。


This photo was originally taken by lisaclarke

もともと夜間営業しているスーパーマーケットではパジャマ姿の人を見かけることが多々ありました。
日本でもコンビニとかパジャマのまま行く人いますもんね。それと同じ感覚です。

ところが最近、昼間からパジャマ姿のままスーパーマーケットや、ショッピングモール、酷いときにはカフェやレストランにもパジャマのまま行く人が増えてきたそうです。

そして、市民のあいだで物議を醸し出しているそうです。
反対する人たちは「見た目が良くない」「パジャマ姿の人を見たくない」など言っているそうです。

ただ難しいのは、それぞれの施設に「パジャマでの入店お断りします」というルールはないし、服装で人の出入りを制限するのは難しいという見解を出していること。
また自治体も「パジャマでの外出は禁止」と規制するわけにもいかないんです。

パジャマで外出すること自体、誰にも迷惑をかけません。美的センス、一般常識の問題です。


This photo was originally taken by theloushe

スポンサーリンク

ショッピングモールHub Hornbyのマネージャーは

今は下火になったけど、女の子のファッションで上は普通の恰好で下はパジャマズボンを履くのが流行った時期があった。それより自分たちは、汚い言葉が書かれたTシャツを着ている人の方が問題視しているし、パジャマはもしかしたら入院中の人が買い物に来ただけかもしれないし規制は難しい。

と話しています。

またギズボーンの副市長Nola Sstonは

パジャマがファッションの一部になってきたのかもしれない。昔、ミニスカートが流行ったとき、素足、しかもヒザが出るくらい素足を出していることについて大問題になったことを考えたら、パジャマは露出も少ないし、ミスカートより良いのかもしれない

と答えています。

ニュージーランド発祥PJ旋風巻き起こるか?

ニュージーランド独自のファッションとして街中PJ(パジャマをPJとこっちでは言う人がいます)旋風が巻き起こるのでしょうか?

個人的にはだらしないかな?と思うんですけど、でも考え方によれば、もっとだらしない、もっとみっともない恰好をしている人もいっぱいいるし、それよりはマシな気もします。

パジャマは寝間着だから、街を歩いてはいけないのに、スエットにTシャツはOKなの?
夏場「下着ですか?」みたいな恰好の女の子は?裸足の人は?
などなど言い始めたらキリがありません。今回なんでパジャマに的を絞ってニュージーランドの2つの都市で街中パジャマ論争が巻き起こっているのか不思議でなりません。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS