歯の定期検診。支払いは保険が利かないから大変

ニュージーランドはとにかく歯の治療費が高いことで有名で、治療にもよるそうですが同じ英国圏の中ではトップクラスの高い治療費らしいです。

今回はそんなニュージーランドで歯の定期検診に行ってきました。以前、謎の歯痛に襲われた時にお世話になった歯医者です。

今回はそのときの話&ちょっと脱線した話です。

いつもお世話になっている歯医者は空港の近くにある「Avonhead Dental Centre」というところです。
どの歯医者が良いのか、職場の社長に聞いたところ「友だちがここに行っていて良いよと勧めてくれた」と教えてくれました。

もちろん日本語は通じません。
中国系の歯医者みたいで、すごく優しい感じの歯医者が2人いました。


入り口は行ってすぐのところは日本の歯医者と同じような雰囲気。
カウンターがあって、向こう側におばちゃんがいて、名前と予約があることを告げると「ソファーに座ってて」と言われます。


ソファーに座っているだけだと歯医者に来たのか、やたら雑誌を持っている友だちの家に来たのかわからないくらい落ち着いた雰囲気です。

お茶でも出してくれてボーッとしたり、本でも読んでたら楽しいひとときを送れそう。

でも、さっと左を見ると

歯の治療に関するパンフレットがいっぱい…。歯茎とかの写真を見てると、定期検診に来ただけなのにテンションは下がる一方です。

とにかく高い歯の治療費

ニュージーランドは怪我の治療は誰に対しても無料、永住権を持っていれば風邪とかの医療費もかなり安く済みます。

ところが!!

歯の治療はなぜか国がサポートしてくれません。
中には歯の治療をサポートしてくれる保険もあるらしいのですが、調べていくと上限が低いのに保険料がバカ高くなるらしく、皆さんあまりオススメしていませんでした。

転ばぬ先の杖

歯が痛くなってから治療を受けたのでは、あっという間に500ドル1000ドルと支払いが発生してしまいます。
いろいろ情報を読みあさっていると、歯の根管治療なんてしたら4000ドル5000ドル。日本円で30万も40万もかってしまうこともあるとか。

なので、前回の謎の歯痛(原因は知覚過敏でした)からは、半年くらいおきに歯医者に行くようにしました。

そうすればちょっとの虫歯なら治療費はそんなに高くありませんからね。ちょっと削ってサッと埋めるだけで済みます。

その定期検診も何気に高い

今回の定期検診。やってもらったのは、虫歯のチェックと、奥歯のレントゲン2枚、それと歯石取り、クリーニングでした。

日本だったら、たったこれだけなら1000円とか2000円くらいですよね?

ところが全部で138ドル(9000円)の出費…。
ちなみに内訳はレントゲンと、歯のチェックで$58ドル。歯石取りとクリーニングで$80ドルでした。

た、高すぎる…。

結果虫歯はなく、歯医者さんに「よく手入れされてるから次回は1年後で良いよ」と言ってもらえました。ホッと一息の瞬間です。

とにかく歯は大事に

ニュージーランドに住んでいる人はちょっと高い定期検診ですが、大きな出費を避けるためにそこは惜しまずに定期検診行きましょう!

あとフロスはやっぱりすごく大切らしいです。
前はたまーーにやっていたのを今はできるだけ毎日やるようにしました。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS