NZで生命保険に加入。日本よりも妙に安い

スポンサーリンク

ニュージーランドに来て早5年。
あれよあれよと言う間に去年永住権が取れて、やっと安心してニュージーランドに根を張れるようになりました。

「根を張る」という意味でやっぱり気になるのは、「何かあったとき」にどうするか。

その「何か」にもいろいろあって、「仕事を失ったら」っていう心配もあるんですけど、それは頑張ってクビにならないように仕事をするしかないわけです。

「何か」というのは、そういう心配ではなくて「突然なんか飛んできて頭に当たって死んじゃった」「キーー!となったら頭の血管が切れて脳溢血。障がいを持ってしまった」そんなときの心配です。

ちなみに「死んでしまった場合」「障がいを持ってしまった場合」のお金についてですよ。


This photo was originally taken by Scott Beale

何かが頭に当たるのがそんなに心配ならヘルメットかぶりっぱなしで外出しますし、キー!となるのが心配なら、普段飲む水分を全部ハーブティーにしてがぶがぶ飲んで、心の安静を保つ努力をします。

お金の心配を解消するには生命保険に入るしかありません。
誰だっていつかは死にますし、事故にだって遭うかもしれませんからね。そのときの費用や残された家族を考えたら、保険に入っておくべきですからね。

そこで先月の中旬に生命保険に入ってきました。審査がこの前やっと降りたので今回はその加入した生命保険の話をしたいと思います。

何だか妙に安すぎるBNZの保険料

今回加入した保険はBNZという銀行がやっている保険です。
いつもお世話になっている銀行の方に相談して加入しました。ちなみに保険の内容はこんな感じです。

  • Death and Terminal illness
    死亡または病にかかり余命が短いとき
    20万ドル(1300-1400万円)
  • Critical Condition
    心臓病、がん、脳卒中など大病にかかったとき
    10万ドル(650万-700万円)
  • Permanent Disability
    事故などで高度障がいを持ったとき
    20万ドル(1300-1400万円)
  • 掛け捨てタイプ

例えば日本で同じ「死亡・高度障がい保険」に入る場合。
Aflacの定期保険Lightフィットプランだと月額約4300円お金を払う必要があります。

ところがこのBNZの保険の場合、月額32ドル。
つまり約2000-2200円とほぼ半額なんです。なんか妙に安くないですか?


This photo was originally taken by woodleywonderworks

これがベストなのかは正直わかりません

今回入った保険はいつもクレジットカードのこと、銀行口座の運用のことなど相談している方のススメで加入しました。他にもたくさんある保険と比べて良いか悪いかはあまり調べていません。

ニュージーランドにも掛け捨てでない貯蓄タイプの保険もあります。
Endowment insuranceというタイプの保険は積み立てができて、あとでお金が戻ってきます。ただ年齢が上がると死亡保険の金額が増え、積立金の分が減るそうです。
またEndowment insuranceより、貯蓄の要素が強いWhole of Life insuranceという保険もあり、満期になると死亡時と同じだけの金額が返ってくる保険もあるそうです。

今はまだ永住権もあと1年ちょっとは仮の永住権。まだ仮です。
今後自分たちがニュージーランドでどうしてやっていくかなど、いろいろキチンと根を張れてから貯蓄型の保険は考えてみたいと思っています。

それに保険料は、Endowment insuranceの方が掛け捨てより高く、さらにWhole of Life insuranceはEndowment insuranceよりさらに高くなるそうです。
それを考えるともう少し生活が安定してからじゃないと、保険料が生活を圧迫しかねませんからね。

取り敢えず「それまでの繋ぎ」として加入しました。

オススメの保険あれば教えてください

保険について詳しい方がいましたら、ぜひご意見ご感想聞かせてください。
今後の参考にぜひさせていただきたいです。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS