高騰するコーヒー豆の値段

スポンサーリンク

10日ほど前、うちのカフェが仕入れているコーヒー豆の業者から1通の手紙が来た。

内容は簡単に書いちゃえば「コーヒーのお豆さん、値上げしちゃうけど、怒らないでね。事情をわかってね」なんだけど、その値上げ率が「お、これは深刻だぞ」という数字でした。

そんなタイミングでTVNZやThe Pressでもコーヒー豆値上げの記事が載っていたので、ちょっとその辺を書いてみます。

どのくらい高くなっているのか

ロースト前のコーヒー豆(Green bean)の値段はここ34年で一番高くなっているそうです。
しかも、ここ1年のあいだで90%から100%の値上げ率を見せているとか。つまり2倍ってこと。

そりゃ新聞の記事や業者から「astronomical 桁外れに大きい、天文学的な」という言葉が出てくるわけだ。高騰するガソリンの値段だって1年で2倍にはなっていない。アメリカのガソリン代の場合、ここ1年で最高値と最安値を比較すると47%アップ、ニュージーランドはまだマシで27%アップでした。それはそれで高いけど。

コーヒー1杯の値上げはどのくらいか

もちろんコーヒー豆の値段が2倍=コーヒーの値段も2倍とはならない。

4ドルのコーヒーの場合、だいたい1ドルがコーヒー豆代。残りの3ドルでコーヒーカップ代やミルク、お給料、家賃をまかなっている。
つまりコーヒー代の75%はコーヒー豆代ではないってこと。

スポンサーリンク

しかも値上がりしているのはロースト前のコーヒー豆。お店の仕入れ値は2倍になっていない。
うちが取引しているコーヒー豆の会社は、その値上がりを企業努力で吸収しようとしていた。だけど、「今回の値上がりは吸収できません」と言うのが送られてきた手紙の内容だった。

だから世間的な値上げは10セントから20セントくらいでは?と憶測が出ている。

なんで値上がりしたのか

今までコーヒー以外の飲み物(お茶とか)を飲んでいた中国人、インド人がコーヒーを飲み始めコーヒーの需要が大幅に上がってしまったから。それと天候不順によるコーヒー豆の不作が大きな原因らしい。

これ以上値上げするのか?

もちろん値上げするのかしないのかは専門家、それか神様しかわかりません。
でも需要が増えた国でコーヒー文化が定着すれば、もっと値上げするはず。逆に一時的な流行だったら値段はしばらくしたら下がるんじゃないかな?なんて期待しています。

ただしコーヒーだけでなく牛乳の値上げも激しいらしいので、コーヒーは今後どんどん値上げしそうです。

コーヒー豆値上げの雑感

もしコーヒー1杯が5ドルとかになったら飲むのを減らすのかなぁ。
今は職場で練習しながらタダで飲んでるけど、そうでない人は1日1杯、30日飲めば30ドル多く払わなければいけない。2杯飲む人、3杯飲む人は60ドル、90ドル今より多く払う計算になる。それって結構痛い。

コーヒー中毒な自分としては、お茶文化が流行ってくれてコーヒー豆の値段が下がってくれればと切に思います。

情報元

Bean price rise fuelling storm in a coffee cup | Stuff.co.nz
Jolt coming for coffee prices – could increase 10-20 cents a cup | BUSINESS News
Oil and Petrol | interest.co.nz
Gas Price Historical Price Charts – GasBuddy.com

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS