旅行者も怪我の治療費が無料のニュージーランド

数日前に「自動車事故の対人賠償がないニュージーランド」という記事で、ACCというニュージーランドの怪我に対する保障について紹介しました。

前回の記事「自動車事故の対人賠償がないニュージーランド」は、車で事故を起こした場合、日本と違って加害者が被害者の治療費を払わず国の機関ACCが代わりに治療費を払ってくれることに注目したものでした。

ニュージーランドでは対人補償の保険がないことは1つの具体的な例として挙げて、そのあとACCの説明をしたつもりだったんですけど言葉足らずだったようです。

その結果コメントや、周りの方の質問がいくつかあったので、補足説明をしたいと思います。

旅行者もACCの保証対象に含まれます

dog xray

まず1つめのよくある勘違いは、ACCによって治療費を払ってもらえる人たちが誰なのかです。

噂レベルだとワークは2年以上、ワーホリは実費を払わないといけないとか言われたりするそうです。

でも本当のところは、ワークビザやワーホリビザ、さらに旅行者であるビジタービザの人たちも治療費を払ってもらえます。もし旅行中に怪我をした場合は、ACCに加入している病院に行けば治療費を払う必要はありません。
ただし事務手数料とかで、少しだけ払う必要があるかもしれません。

不慮の事故で負った怪我だけでなく、どんな怪我でも対象になる

ACCのページには以下のように書かれています。

Everyone in New Zealand is eligible for comprehensive injury cover:
no matter what you’re doing or where you are when you’re injured – driving, playing sport, at home, at work.
no matter how the injury happened, even if you did something yourself to contribute to it.
no matter what age you are or whether you’re working – you might be retired, a child, on a benefit or studying.

簡単に訳すと

ニュージーランドにいる誰に対しても保険はカバーされます。
例えあなたが何をしていても、どこにいても。例えば運転中、スポーツ中、家でも、仕事場でも。
例えどんな事情で怪我をしても。それが例え自分で怪我を負ってしまったとしても。
例え何歳でも、働いていてもいなくても。リタイアしていても子どもでも、生活補助を受けていても、学生でも。

つまりハンマーで釘を打っていて自分の指を叩いてしまった場合でも、仕事中の火傷でも、子どもが椅子から落ちてしまっても、ラフティングでどこかを切っても、すべてACCが治療費を出してくれるわけです。

詳しい内容はACCのページ「Am I covered」に書いてあるのでチェックしてみてください。

ニュージーランド旅行では海外医療保険に入らなくて良い?

insurance

このACCは怪我については保障されているので、ちょっとした怪我だけを考えるなら海外医療保険に入る必要はないかもしれません。

ただ風邪をひいたときの治療費は対象ではありませんし、医療通訳が必要になって雇う場合は自分で払う必要があります。
以前、アメリカで盲腸になって手術した人は200-300万円の請求をされたという記事を読んだことがあります。盲腸はもちろん怪我ではないので、ニュージーランドでも同等くらいの治療費の請求が来るはずです。

それとニュージーランドにいるあいだの怪我の治療費は払ってくれても、日本に帰ってからかかる医療費は対象外です。

なので、風邪や盲腸といった怪我以外の理由で病院にかかったときの費用や、医療通訳の費用、帰国してからのことを考えると海外旅行保険には必ず入っておく必要がありますね。

「でも、海外旅行保険は高いし…」と思う方は、「海外旅行保険」が付いたクレジットカードを作って、その保険を使うという手もあります。

今回の話のまとめ

そんなACCは前にも少し書いたんですけど、この制度は賛否両論です。
現に昨日のニュースで昨年度、ACCは34億ドル、日本円にして2,500億円もの赤字が出たと報じられていました。(情報元
ACCの人は「経営には何の問題もない」とインタビューに答えていましたが、中にはこのままでは破綻するのでは?という意見もあります。

国民や企業は税金としてACCを支えるために多額のお金を払っているので、国民がアレコレ言うのもうなづけます。

でも、「旅行者」という視点で見たとき怪我をしても安心して医療を受けられる制度は本当にありがたいです。
日本だけでなく大半の国では外国人が怪我をしたら、一切保障が一切ありません。ちょっとした怪我で何十万円の請求が来たなんてことが本当に起こりえます。保険に入っていなければ大変なことになってしまいます。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS