地名で使われるマオリ語「Wai」「Roto」などの意味を知ろう

スポンサーリンク

ニュージーランドでは各地でマオリ語の地名が使われています。

有名どころでいうと「Rotorua ロトルア」「Waitomo ワイトモ」「Kaikoura カイコウラ」などが挙げられます。

これらの街の名前にはもちろん意味があって、その意味を知ることでその街の特徴や、その土地に昔住んでいた先住民マオリ族の思いを知ることができます。

そこで今回は地名で使われているマオリ語をいろいろ紹介して行きます。

マオリ語の地名の意味を調べてみる

Rotorua - New Zealand

「ニュージーランド」という国名をマオリ語にすると「Aotearoa」と言います。

スポンサーリンク

Aotearoaは3つの言葉からできていて、「ao」が雲、teaが「白い」や「澄んだ」、そして「roa」が「長い」「高い」という意味を持っています。

そのため全体の意味は「長く白くて澄んだ雲」となります。

よくマオリ語の地名を見ると、似た言葉が使われていることがあります。

例えば「Rotorua ロトルア」や「Rotoiti ロトイティ」の「Roto」、他にも「Waitomo ワイトモ」や「Wai-o-tapu ワイオタプ」の「Wai」などですね。これらの意味はいったいどんな意味なんでしょう。

Roto

「Roto」は「湖」という意味です。
「Rotorua」は「rua」が「2番目」という意味なので、「2番目の湖」という意味で、「Rotoiti」の「iti」は「小さい」という意味があり「小さい湖」と訳されます。

Wai

「Wai」には「水」という意味があります。
「Waitomo」の「tomo」には「穴」という意味があるため「水の穴」です。ワイトモは鍾乳洞の中を探索して、土蛍を見るツアーが有名なので、頷ける地名ですね。

またロトルアの南にある「Waiotapu」の「tapu」には「神聖な」という意味があるため、Waiotapu全体だと「神聖な水」という意味合いがあるようです。

他にもオークランドからすぐの所にある島「Waiheke」は「Cascading waters 流れ落ちる水」という意味があります。

直行便?経由便?どっちが良い?

ニュージーランドに行くとき、直行便のニュージーランド航空と、経由便のカンタス航空・ジェットスター・大韓航空・シンガポール航空どれが良いか迷いますよね

僕は過去10年ほぼ毎回ニュージーランド航空を使って日本とニュージーランドを行き来しています。その理由とは。

地名で使われるマオリ語

ひとつひとつに説明を付けていくと多くの地名に使われるマオリ語を紹介するのは大変なので、ここからはリストにして紹介していきます。

ちなみにマオリ語は1つの言葉に多岐に渡った意味を持つため、ここで紹介する地名の訳は諸説あるうちの1つです。その点、ご了承ください。

Kai = 食料(名詞)、食べる(動詞)

  • Kaikoura … クレイフィッシュ(伊勢エビ)を食べる = kai(食べる)+ koura (クレイフィッシュ)
  • Kaitaia … abundance of food = 豊富な食料
  • Kaiapoi … food depot = 食料庫

Whanga = 湾・入り江

  • Whanganui … 大きな湾 = whanga(湾)+ nui(大きな)
  • Whangarei … ぬかるんだ湾 = whanga(湾)+ rei(ぬかるんだ)

Maunga = 山

  • Mauntanui … 大きな山 = Maunga(山)+ nui(大きな)

Nui = 大きな・巨大な

  • Mauntanui … 大きな山 = Maunga(山)+ nui(大きな)
  • Whanganui … 大きな湾 = whanga(湾)+ nui(大きな)

Rangi = 空・天気・天国

  • Rangiora … calm after a storm 嵐のあとの静けさ
  • Rangitoto … Bloody Sky

一般的に使われているマオリ語の地名は短縮版の可能性も

余談といえば、余談なんですけど一般的に使われているマオリ語の地名は短縮されていることが多いです。

例えばロトルアの南にあるニュージーランド最大の湖「Taupo タウポ」の正式な名前は「Tauponui-a-Tia」です。訳すと「Great Cloak of Tia ティアの偉大なマント」となります。

また上で紹介した「Rangitoto」も正式な地名は「Nga Rangi-i-totongia-a Tama-te-kapua」と言います。英語にするとThe Days of the bleeding of Tama-te-kapua」となります。日本語だと「Tama-te-kapuaの出血の日々」でしょうか。。。

気になった地名を調べてみよう

今回紹介した以外で気になった地名があったら、オンラインで使えるマオリ語辞書を使ったり、Googleで「地名 name meaning」「地名 meaning」などで検索すると、いろいろな情報を得ることができます。

Whangareiが「湿った湾」という意味があることから、その周辺が湿地帯だったことがわかったり、昔その土地がどんな場所だったのか、その土地がマオリ族にとってどんな意味を持つ場所だったのかわかるかもしれませんよ。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS