自家製ヨーグルトが簡単に作れる「EASIYO」

去年の年末に自家製ヨーグルトが簡単に作れてしまう「EASIYO」を買いました。

前回「買いましたよ」という記事を書いてから半年ちょっと経っていろんな味を食べたので、この辺でオススメの味を紹介したいと思います。
併せてEASIYOを知らない人のためにどんな製品なのかも紹介します。

EASIYOってどんな製品?

まずEASIYOを知らない人のためにどんな製品なのか紹介します。
EASIYOはEasy Yogurtの略で読み方はイージーヨーです。エアシヨではありません。最初そう思ってました。

この製品は簡単に言ってしまうと、上の写真のようにフリーズドライされたヨーグルトが袋に入って売っています。それを透明な容器に入れて、水を加えて戻します。そして隣にある白い入れ物に熱湯、透明な容器に入ったヨーグルトを入れて10時間くらい温めるだけです。

たったそれだけで新鮮なヨーグルトが完成です。
面倒な菌の管理とか一切いりません。熱湯さえ気をつければ子どもにも作れるので、子どもと一緒に作ると楽しいと思います。

市販のヨーグルトの2倍くらい菌がいる


ヨーグルトは出来上がってから2-3日が一番ビフィズス菌とかが活性化されていて、5日も経つと菌は半分に激減します。

EASIYOはその一番菌が活発に動いている出来たての状態を食べることが出来るので、ものすごく体に良いらしいです。

だからでしょうか。食べてから30分もするとトイレに直行&快@です。

そんなヨーグルト1リットル分でたったの4ドル弱で買うことができちゃいます。
うちはスーパーの安売りの時にまとめ買いしておきます。だって粉ですから普通のヨーグルトみたいな賞味期限を心配する必要もありません。

バリエーションも豊富


味はもちろんのこと、いろんなバリエーションが豊富なので1つずつ食べていくと飽きることがありません。

普通のヨーグルトは味が15種類もあります。
ナチュラル、アプリコット、ブラックカラント、キャラメル、フォレストフルーツ、マンゴー、ラズベリー、サマーフルーツ、バニラ、アップル&ブラックベリー、バナナ、ボイズンベリー、チェリー、レモン、ピーチ、ストロベリー、トフィー
スーパーで見たこともない味が実は売ってるみたいです。

さらにグリークヨーグルトで味が何種類か、プロバイオティクスヨーグルトとか、低脂肪乳のヨーグルトまであります。

今お気に入りの味は、バナナ、バニラ、マンゴー、それとグリーク&ココナッツヨーグルトです。
これらは毎日食べても全然飽きません。逆にイマイチなのはサマーフルーツとフォレストフルーツ。名前からして「何味?」なんですけど、食べてみても何だかピンときません。

日本でも買えるそうです

一応Amazon.co.jpでもちょっと高めですが買えるそうですよ!
興味ある方はEasiyo | Amazon.co.jpでお値段チェックしてみてはいかがでしょうか?

それか、検疫とかわかりませんが送れるなら、こちらから送りますので興味ある人は声をかけてくださいね。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS