【続報】NZでマグニチュード7の地震

昨晩7月3日の午後10時36分、ニュージーランドのNew PlymouthとPictonのあいだの海でマグニチュード7の地震が起きました。

地震のすぐあとわかる情報だけを取り敢えず伝えた速報(その記事)を書きましたが、その続報です。

New Zealand earthquake | Magnitude 7 quake felt… | Stuff.co.nzによると、地震の大きな被害という被害はなかったそうです。

震源が近かった街でも地面にヒビが入ったりした場所はあったそうですが、大きな建物の倒壊どころかほぼ被害はゼロに近かったようです。
スーパーマーケットでも在庫が倒れて通路に散乱…なんてこともなかったようです。

日本の地震のあとだからなのか津波を警戒して高台に逃げた人などはいましたが、結局津波も来ませんでした。

ちなみにこの地震、120年来の大きな地震らしいのですが、震源が250キロ以上あったため被害がほとんど出なかったそうです。

250キロと言えば東京と名古屋が250キロ。関西だと神戸と広島間がだいたい250キロです。
これだけ離れているので、例え震源地の真下にいたとしても、揺れはかなり小さいわけです。それが震源から130キロ離れているWellingtonだとさらに揺れは小さくなるので、被害が小さいのは頷けますね。

そのあとも余震という余震は起きていないので、この単発自身で終わってくれることを本当に祈ります。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS