New Worldの量り売りコーナー最高!

ニュージーランドのスーパーマーケットにはBulk Foodsと呼ばれるコーナーがあります。

日本語で言ってしまうと量り売りです。
1つ1つ包装されていなくて、自分で袋に詰めて商品番号を書いて、レジで精算する買い方です。

もともとそういうのがあるのは知っていたんですけど、今までほとんど買ったことありませんでした。

というのも


これがわりと一般的なBulk foodsコーナー。
種類が少ないし売っているのは、変なグミとかキャンディーとか、どこか食指が動かない。

それにどこか薄汚いし、誰か手で触ったりしたかもしれないし、湿気っているかもしれないし。

でも、最近クライストチャーチに新しく出来たNew Worldの量り売りコーナーは全然違いました。


まず圧倒的な品揃え。
この写真もコーナー全体を写し切れていないくらいです。この倍くらいの広さがあります。


品揃えも充実。よく売ってる謎のグミもありますが、それ以外にドライフルーツがてんこ盛り。15種類くらいありました。ドライフルーツ好きにはたまらない品揃えです。

ここは店員さんが定期的にチェックしているみたいで、スコップもキレイに揃えてあるし、掃除もキチンとされてて清潔感があります。

それだけでも好感度アップです。


さらに豆とかお米、シリアル、クスクスと言ったお菓子以外の食材もけっこうたくさんあります。

量り売りコーナーのお菓子が、普通に買うのと比べて高いのかどうかわからないけど、「買ったことないから、お試しでちょっとだけ」というのが出来るのは嬉しい限りです。

そしてこの量り売りコーナーで最近はまっているのがコレ

BBQ Rice Crackers。
味も揚げ方も「歌舞伎揚げ」です。めっっちゃくちゃ日本の味。
この前の一時帰国ではわざわざ歌舞伎揚げを買ってきたんだけど、もう日本で買わなくても大丈夫そうです。BBQ Rice Crackersの下にチリ風味の歌舞伎揚げも売っていて、そっちもけっこう美味しい。

今度行ったときは一番大きな袋にパンパンに詰めて買ってやろうと思っています。

他のスーパーでもこの量り売りコーナーあるんですけど、今一番お気に入りはここです。

ちなみにこのNew Worldの住所は47C-57C Peer Street, Upper Riccartonです。興味ある方は一度行ってみてくださいね!

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS