絶品づくしのメインとデザート @ ペガサス・ベイ 09

昨日から紹介しているペガサス・ベイですが今回は後編です。
前回は毎回恒例のワインテイスティングから始まって、席に付いてから注文したワイン、そしてお通し、前菜と紹介しました。

どれも本当に絶妙に美味しいものばかりででした。

今回は食事の一番の盛り上がりどころメインと最後のデザートを紹介したいと思います。

待ちに待ったメインの登場

ここまでお通し、前菜と食べてそれがかえって呼び水になったのか、いつもメインが出てくる前は腹ペコ状態。

ここのお店は食事と食事のあいだに少しでも時間が空くと、ウェイトレスがちょこっと話をしてきて時間を繋いでくれます。
ワインのことはもちろん、こっちがどこで働いているか知っているので「最近は忙しい?」とか、まぁそんな他愛のない話。でも、そういう小さな心遣いって素晴らしいし、そんな小話をしてもレストランがちゃんと回るだけの人数を常に用意しているのもすごいなーといつも思います。
きっとそういう余剰人数もご飯代に載せられているんでしょうけどね。

さてさて話を戻してメインの登場です。


まずは定番。毎回食べてしまうラムです。
いろんな豆がいっぱい入っていて、それぞれに食感が違うから食べていて楽しいし、ラムはミディアムレアですごく柔らか。ソースはちょっと醤油を感じて、日本人にはすごく食べやすいソースでした。

下に敷いてあるのはマッシュポテト。ニュージーランドだとマッシュポテトはこれでもか!!っていうくらい乗ってることが多いけど、ここは控えめ。ポテトはすっごくクリーミーで豆と食べてもラムと食べても、全部一緒に食べても最高に美味しいんです。


もう1品は洋風のとんかつみたいなやつ。でもブタじゃなくて牛です。
お肉はゆーーーっくり焼いたのか、全体にほんのり火が通っていてすごくジューシー。脂身は全然なくてヒレ肉みたいな感じでした。
一緒にお皿に載ってるカポナータが本当に美味しかったです。しっかり煮込んでどろどろになっているのではなくて、煮込みすぎずにそれぞれピーマンとかタマネギとか素材の味がしっかりして、トマトソースがうまく絡んでました。
それと一緒に食べる牛のカツはもう★★★★★でした。

デザートがまた独創的

以前紹介したデザートは見た目すごく変わったデザートでした。
その名も「ボンブ・アラスカ」


これがそれです。外はちょっと粘りがあるメレンゲ、中はスポンジケーキとアイスクリームでした。

そして今回食べたのは

シューアイス的なデザート。

そして

まさかのドーナツ。そこにオレンジキャラメルソースが染みこんでいて、上から温かいチョコレートソースをかけて食べます。

たかがドーナツって思った人。一度食べに行ってみてください。
揚げたてのドーナツにオレンジの酸味とキャラメルと香ばしい甘さ、そして濃厚なチョコレートソースががかかると甘みと酸味と香ばしさとなどなどが絡まって得も言われぬ味になります。

お腹いっぱいだったはずなのにドーナツ完食でした。

やっぱり食事もワインもサービスも学ぶところ満載でした

同じHospitality(接客業)をしているので本当に参考になりました。
どうやったらあんな風にお客さんに笑ってもらえるのか、満足してもらえるのか本当に学ぶところが多いレストランです。

またそのうち行こうと思います。

ごちそうさまでした。

ペガサス・ベイシリーズはこちら

前回の話や、それ以前のペガサスベイが木になる人は「シリーズ:ペガサス・ベイをどうぞ。

お店情報


大きな地図で見る

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS