病みつきになるパイを売ってるCulverden Bakery

お気に入りのパイを売っているお店を紹介します。

このお店の前を通るのはいつも朝ご飯を食べてないすごくお腹が空いた午前10時。
この店に着く15分くらい前から「今日はパイを食べようか」で頭がいっぱいになってしまうほど病みつきになっています。

今回は誘惑に勝てずに食べてしまったので、せっかくだし皆さんにも紹介しちゃうことにしました。

毎日おばちゃんが手作り

このお店のパイは全部お店のおばちゃんが手作りしています。

こだわりがあって、フニャッとしたのは売りません。
常に生地はさっくり。中はジューシーな具が「これでもかっ!」ってほど詰まっています。

まずはお店の外観から。

青い空。緑の屋根。赤い壁。これだけで可愛さ満点になりませんか?


中はけっこう狭いけど、正面のキャビネットには所狭しとパイとかドーナツとかが並べられています。
奥にはおばちゃんが一人いて、焼き上がったパイを並べています。


パイのキャビネットには20種類くらいのパイがズラーーーーリ。
在庫はここだけでなく、おばちゃんがいたカウンターの上、さらに右奥には厨房があってそこでドンドン焼かれています。

味はステーキチーズ、ステーキマッシュルーム、ミンチチーズ、カレーチキン、ベーコンエッグなどなど。他にもラムとかしかの肉を使ったもの、いろんな具材が混ざったものなどいろいろ。


挽肉とチーズのパイ。
相当肉々しいかと思いきやけっこうタマネギとか野菜が細かく刻んだものも入っているし、もちろんお肉とかチーズとかたっぷりだしヘタなジャンクフードを食べるより、ずっと健康的な気がします。

他にももっと野菜がゴロゴロ入っていて、日本のお総菜を彷彿とさせるものもあって毎回飽きがきません。


お店は他にも地域の情報交換の場になっていて、コルクボードにはいろんなお店の名刺とか「薪安く売ります」「貸家あります」みたいな情報が満載です。
あとなぜか最近、まな板(だったかな?)も売っています。

ちょっとクライストチャーチからは遠いけど

クライストチャーチからは車で1時間ほどかかる街なので、たかだが5ドルもしないパイを食べに行くことはないと思います。

でも、通りがかったらぜひ立ち止まって欲しいお店です。
オススメはChristchurchからNelsonに行くとき、行きはSH1でKaikouraで一休み、Blenheimでワインをちょっと飲んでNelsonへ。帰りはSH6→SH65→SH7を通ってMurchisonでお茶、Maruia Springsで温泉、そしてCulverdenでパイを食べて帰るのをオススメします。

ちなみにKaikoura、Blenheim経由の海沿いルートとMurchison、Maruia Springs経由の山沿いルートだと10分くらいだけど山沿いルートの方が近かったりします。山沿いの方が運転はちょっと大変かもしれないですけどね。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS