上達していたロカビリー頭のお兄ちゃん

クライストチャーチで美味しいと言われるカフェの1つにLuciano espresso Barというのがあります。

以前から何度か日刊ニュージーランドライフで紹介したことがあるカフェです。
そのお店に前回行った時、バリスタチャンピオンのオーナーはコーヒーを作ってくれませんでした。代わりにコーヒーを作ってくれた人はロカビリー頭のお兄ちゃんでした。

そのときの味は残念なことに★★でした。きっと新人だったんだと思います。

そんなことすっかり忘れて、この前Luciano expresso Barの新しくできた方のお店に行ってきました。

お店に入って、そのお兄ちゃんを見た瞬間「あ。」って思い出しました。

でも、バリスタマシンの横にはバリスタチャンピオンが立っていました。
ということはロカビリーな彼が作るとは限らないので、取り敢えずカプチーノを頼みました。


そして出てきたのがこれ。作ったのはロカビリーくん。

泡のフワッと具合は

若干少なめ。

でもLucianoはほかのバリスタも泡が少なめなのできっとこれがLuciano流なんだと思います。

そして飲んでみると。

んまい

やっぱりバリスタチャンピオンの下、しかも人気で忙しいお店で毎日何十杯何百杯と作っていたら上達するものです。
美味しくなっていました。温度の感じと良い濃さと良い全然違うものになっていました。

「美味しくない」という評価をしたときは、その人の写真載せると個人攻撃みたいになってしまうのでイヤなんですけど、今回は載せちゃいます。


オーナーは残念なことに背が小さいためコーヒーマシンに隠れてしまってます。でも頭が若干見えます。

いやー成長を見守るお父さんの感覚です。上手になってくれて嬉しいです。

ちなみにお店はこんなところに建っています。

地震で周りの建物は倒壊。
妙に開けたところにポツンと建っています。いやーー地震の影響を感じずにはいられません。

と言うことでまたLuciano Espresso Barには行きたいと思います。

お店を勝手に評価

オススメ度:★★★★
サービス:★★★
美味しさ:★★★★ 
カジュアル度:★★★★★

お店情報


大きな地図で見る

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS