2012年のミスターゲイはニュージーランド人

今回の話は人を選ぶ話です。

2009年から開催されている世界一のゲイを決める大会「Mr Gay World(ミスター・ゲイ・ワールド)」が今年も開催されました。

2009年から今年で4回目のこの大会は南アフリカのヨハネスブルクで開催され、4月8日に遂に最終選考が行われたそうです。

今回の出場者は全部で25の国と地域の代表が出場し、その中で優勝したのがニュージーランド人のAndreas Derlethでした。
出場した国と地域はアルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、ブルガリア、カナダ、チリ、チェコ、エチオピア、フィンランド、フランス、ドイツ、香港、アイルランド、メキシコ、ナミビア、オランダ、ニュージーランド、ノルウェイ、フィリピン、南アフリカ、スペイン、スイス、イギリス、アメリカ、ベネズエラでした。(アルファベット順)

出場者全員の写真を見たい方はDelegates 2012をどうぞ。
ちょっと面白かったのは、全員星座が書いてあるんです。どこか乙女チック。

優勝したAndreas Derlethは11個ある各部門のうち3つ(Mr. Gay Swimwear、Sports Challenge、Best Interview Challenge)で1位、そして総合第1位に輝いたそうです。

ちなみにAndreasの職場はなんとWarehouse Stationaryのoperations project managerらしいです。
優勝者には25000USドルの旅行券や1年分のBone Wear swimwear、ほかコスメティック系の商品を山ほどなどなどがもらえるそうです。

詳しい話は開催者のページをどうぞ

自分自身そういう世界に興味ないので、見ていてちょっと辛くなってきました。なのこの辺で紹介は終わりにします。

ただ、まぁ一応世界一にニュージーランド人が選ばれたわけですし、ネタとしては面白いかな?と思って紹介してみました。

さらに詳しい話に興味がある人は開催者のページをご覧ください。
Mr Gay World

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS