フィルターコーヒーをそこそこ美味しく淹れる方法

職場はカフェがあるので、エスプレッソマシンを使ってコーヒーを飲んでいます。
これは練習であり、自分がどのくらいの味のコーヒーを出しているかを確かめる作業という名目なんですけど、やっぱりコーヒーを好きで飲んでいるだけです。

でも、家にはもちろんエスプレッソマシンはありません。
家ではフィルターコーヒーを飲んでいます。粉のコーヒーはあんまり飲みません。


This photo was originally taken by jkwoo

さてさてこのフィルターコーヒー。
美味しく淹れる方法を調べていくと奥が深いです。こだわり始めたら、一杯のコーヒーを飲むために、本来リラックスするための飲み物なのに、神経とがらせて細心の注意を払いながらコーヒーを淹れなければいけません。
そんなの本末転倒な気がします。

調べた情報の中から、わりと簡単に美味しいフィルターコーヒーを煎れる方法をまとめてみました。自分のためのメモであり、誰かの参考になれば良いかな?と思っています。

まず最初に


This photo was originally taken by Lemon-Tea

ここでは「そこそこ」美味しいコーヒーの煎れ方を紹介します。
「焙煎した豆は○○日以内に飲むべき」とか「水はphでいくつの軟水がベスト」と言ったことは一切言いません。スーパーで買ってきた豆を肩肘張らずに最大限美味しく飲む方法を紹介します。

必要なもの


This photo was originally taken by jkwoo

  1. ドリッパー
    フィルターをセットする逆三角のやつですね
  2. ペーパーフィルター
  3. 2杯以上作るならサーバー
    コーヒーを入れるポットのことです
  4. 口が細いポット(なければ普通の)
  5. コーヒー豆(1杯で10-12g)

さっそく淹れる


This photo was originally taken by jkwoo

  1. ペーパーフィルターをドリッパーに密着するようにセット。
    この時、フィルターは箱や袋に書いてある通りに折って入れる。そうするとドリッパーと密着します。
  2. コーヒー豆を入れる前にフィルターに熱湯をカップ1杯分くらい注ぐ。
    こうするとドリッパーやサーバーを温められ、フィルターの匂いも取り除けます。そしてお湯を捨てます
  3. 豆をフィルターに入れて、平らにならします。手を使わず揺する方が良いようです
  4. お湯の温度は85-98℃。
    温度が違うと味も違うので、好みの温度を探してみてください
  5. お湯を真ん中に注いでコーヒーを蒸らします。お湯の量は全体が湿る程度。
    蒸らすことで中の空気が抜け、さらにコーヒーの中のガスも抜けます。時間は30-60秒くらい。何気にこの作業が重要で、蒸らし時間が長いとコクや旨味がある濃い味に。短いとあっさり目になります。長すぎると雑味が出ます。
  6. 500円玉大の「の」の字をドリッパーの中心に描きながら、ゆっくりお湯を注ぎます。注ぐときはフィルターにお湯が当たらないように、そして粉がかき回されないように、とにかくゆーーーっくり入れましょう。
    でも、ゆっくり入れすぎてコーヒーが冷めたりしないようにしましょう
  7. ブクブク出てくる泡はアクなので、それがサーバーに落ちないようにお湯は注いで、必要な量のコーヒーが出たら、泡が下に落ちる前にドリッパーをサーバーから外す。つまり最後まで出し切らないってことですね。
    ちなみにブクブクじゃないクリームみたいな泡(?)はクレマという旨味で、エスプレッソコーヒーではすごく重要なものです
  8. カップに注ぐ前に一度サーバーの中を混ぜる
    最初に出たコーヒーとあとで出たコーヒーは味も温度も違います。均等にしましょう
  9. カップに注いだら、あとは美味しくいただきましょう

簡単そうで奥が深いフィルターコーヒー道


This photo was originally taken by heesoo.lee

結局あれこれ書くと、大変そうな感じがしちゃうんですけど、やってみると意外と簡単です。

蒸らしは本当に重要で、知らなかった頃と蒸らすようになってからで「あれ?同じコーヒー?」と思うほどコクとか旨味が違います。
「知らぬが仏」ならぬ「知らぬは間抜け」

今まで知らずに淹れていたのがバカみたいです。

今は、うちのポットは口が太いので、口が細いポットがちょっと欲しくなりました。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS