The PressにAKB48の板野友美が載ってた

スポンサーリンク

と言っても、自分自身このAKB48の板野友美って誰?って感じです。

昨日、何気なく職場の新聞に目をやったら、なんか一時帰国の時テレビで見た女の子が載っていました。
一緒に働いている子に「この子って日本のタレントじゃなかったっけ?」って聞いたところ「ともみんですよ!」と。

と、ともみん?と戸惑っているのを見て「AKBの板野友美って子です」と教えてもらいました。


この子らしいです。

なんで新聞に載っていたかというと

彼女が紹介されていたThe Pressの記事は日本の「歯」文化について書かれた記事でした。

今、日本ではAKB48の板野友美を初めとしたタレントが八重歯を持っていて、それに憧れる子が480ドルも払って付け八重歯にする人がいて、今ではファッションの1つである。そもそも日本ではお歯黒という文化があったり、口を隠して笑うなどちょっと変わった文化を持っている

みたいなことが書かれていました。

まぁ、全般的には「みんなもマネしてみては?」というより、理解に苦しむことが書かれていました。

ニュージーランドだけでなく世界的にはキレイな歯並びが美しいとされています。
だから、小さい頃からちゃんと矯正をして歯並びをよくするのが一般的です。そして日本人の歯並びが悪いことも世界的に有名な話です。

海外、特にアメリカ、カナダ、イギリスなどいわゆる先進国と言われる国では「歯並びが悪い」という理由でウェイターなどの仕事を不採用にしたり、その人の家庭環境まで判断されてしまうそうです。歯の矯正ができないほどお金がないとか、親の認識が甘い育ちの悪い子というイメージがあるそうです。

スポンサーリンク

自分自身、八重歯で矯正してキレイにしておけば良かったなーと今は思います。
その方が見た目もキレイだし、何よりキレイな歯並びの人は虫歯にもなりにくいそうです。歯並びが悪いと磨き残しができやすいと聞きました。

やっぱり日本はいろんな意味でガラパゴスだなーと思った記事でした。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS