日本編:街の喧騒を避けて明治神宮へ

日本にいたときから明治神宮には何度も行きました。
初詣はもちろん、忙しい仕事の合間に気が向けば何度でも何度でも行って来た場所です。

前回、前々回の一時帰国でも訪れた明治神宮ですが、今回も漏れずに明治神宮に行ってきました。

一般的に明治神宮に行くにはJRの原宿駅か、地下鉄の明治神宮前から行くのが普通ですが自分の場合は小田急線の参宮橋という駅から行きます。
このコースだと320万人の参拝者がある初詣でも、並ばず混雑を味わわずに参拝できるんです。


まずは参宮橋側から入る入り口。
表側はどんなヒマな平日でも何十人も人がいるのにこっち側は数人の人を見かける程度。


え?ニューヨークのセントラルパーク?と思えるような景色。
原宿竹下通りまで10分ちょっとのところにこんなのんびりした景色が広がっているんです。

日本にいるときはこのあたりで本を読んだり、お弁当を食べたり、時には昼寝をしたりしていました。


森を通り抜けると、明治神宮が見えてきます。


ドドーンと出てくる鳥居。どこか厳かな感じがしてきました。


中に入ると、お参りをしている人たちがたくさんいます。


中には「焼き肉食べたい」とか「食べたら?」って突っ込みたくなるようなものもあったんですけど、いろんな国の言葉でそれぞれの家族の幸せや平和などを願うことが書かれていて、1つ1つ読んでいるだけで心暖まります。

明治神宮は晴れた日はもちろん良いんですけど、大雨が降っている日もオススメです。
雨が葉っぱとか傘にパラパラ当たる音とか、霧が出て遠くが見えなかったり、どこかからトトロが出てきそうな雰囲気がするんです。

また日本に戻ってきたときは戻ってこようと思います。

今日のお散歩コース


より大きな地図で 明治神宮散歩コース を表示

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS