日本編:ちょっと贅沢ランチ@日本料理 きた山

スポンサーリンク

一時帰国のとき割とよく食べに行く日本料理屋さんがあります。

日本に住んでいたときはほとんど行ったことなかったんだけど、あるとき1回行ったらそれからは定番になりました。

ニュージーランドにも日本食屋はたくさんあるけど、本当の意味での「和」を味わうのはやっぱり日本なんですよね。

ということで「日本料理 きた山」を紹介します。

その日、本当は別のお店でご飯を食べる予定でした。
ところがそのお店が臨時休業をしていて、急きょ予定変更。なのでもちろん予約は無しでした。でも、まぁ平日だし大丈夫かな?なんて思ってお店のドアを開けました。

ところがテーブル席は全部埋まっていて予約がない人はカウンター席だけ。なんかすごい盛況ぶりでした。

今回注文したのは「和御前」1680円。お昼なのでちょっと贅沢ランチです。


注文して待つこと10分ちょっとさっそく出てきました。

ちょっと拡大してみるとこんな感じです。

スポンサーリンク


右の奥はもちろんお刺身。マグロとイカなど。右手前は魚のつみれ、サツマイモの煮たやつ、焼き魚、薩摩揚げ。酢の物などなど。


これは煮物。レンコンとかゴボウとかニンジンとか。どれも当たり前かもしれないけどキチンと面取りしてあって、見た目だけでも◎。さらに味付けはお上品でした。


右手前は言われなくてもわかる味噌汁。その上はだし巻き卵。そしてそのさらに上は何かの揚げ出し。
揚げ出しは思わずパクッと食べちゃって「美味しい!」と思ったのに、何かチェックするの忘れました…。

どれも1品だけでお腹いっぱいにしたいくらい美味しいんです。なのにどれも1口でペロッと食べちゃって物足りない感じがしたりします。
でも品数がいっぱいあるから、最後は満腹になっちゃうんですよ。それって意味「和」な感じがしませんか?
ニュージーランドなら400gの肉!山盛りのポテトとグリーンピースをドーーーン!っていうお店が多いですからね。

これだけ食べて満足度100%。さ、お勘定お勘定ってなります。
なのに、さらに追い打ちをかけて、もう1品出てきます。

それは

もちろんデザート!抹茶のケーキに黒ごまクリームが乗っかったもの。
ちなみにフォークの大きさはティースプーンサイズなので、デザートの小ささははかなり小さいです(笑

でも満足度100%で出てくるデザートなので一口パクッと食べれる量で十分。ここでも「あとちょっと食べたい」で後ろ髪引かれる量がニクいんです。おかげで満足度は150%にアップ↑しちゃいます。

また次に帰国したときご飯食べに来ます!ごちそうさまでした。

お店情報


大きな地図で見る

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS