Google Mapsと対決!Queentown – Milford Soundに謎の通せんぼ

本当は今日別のことを書こうとしていて、Google Mapsでクイーンズタウンからミルフォードサウンドまでの距離を見ていました。

そうしたら、Google Mapsが謎の行動を取り始めたので、大人げなくGoogle Mapsと対決をすることになってしまいました。

謎のルートを提示してくるGoogle Maps

まず一般的にGoogle MapsでQueenstownからMilford Soundまで行くとこういうルートです。

View Larger Map
Aがクイーンズダウンで、Bがミルフォードサウンド。
所要時間は3時間半。距離はだいたい290キロ。これが自分の知っているルートです。

ところが逆ルート。つまりミルフォードサウンドからクイーンズタウンに向かうと謎のルートを出してきます。

View Larger Map
なぜか国道6号線を通らず、グルーーーっと遠回り。

おかげで所要時間は5時間45分。2時間15分も増え、距離も460キロ。

ちょっと意地悪をしてみる

地図を見ると6号線の途中に「Athol」という場所があります。

なので、ちょっと意地悪をしてMilford Sound→Athol→Queenstownとやってみました。
そうすればGoogle Mapsも自分が間違えていたことに気がつくはず。

さて、これがその結果

View Larger Map

!!あくまでも6号を通さず、グルーーーっと回って行かせたいらしい。

そっちがその気ならこっちはこうだ!

もうこうなったら、意地の張り合い。

Googleがどんだけすごいか知らないけど、36才日本男児としてGoogle Mapsと真っ向勝負。
間違いを正さないといけません。

Atholからさらに北にWye Creekという地名があります。
もうここはほぼクイーンズタウン。ここまで道を言えばわかってもらえるはず。

ルートにWye Creekを追加してルートを出させてみたところ

View Larger Map

ムキーーーー!
Wye Creek(Cの地点)まで行って、またAthol(B地点)を通ってグルーーーっと戻れとおっしゃる。

所要時間は6時間半。距離は620キロに達しました。

もうそっちがその気なら、こっちはこうだ!とさらに途中ポイントを追加。
それはもうクイーンズタウンと言っても過言ではないクイーンズタウン空港。ここならさすがに行けるでしょ?とやってみると


View Larger Map

え…。
これ状況わかりますか?

A地点のミルフォードサウンドを出て、B地点を通過、そしてC地点に着いた時点でクイーンズタウン空港(D地点)は目の前なのに、B地点を通ってグルーーっと戻って空港へ行けとGoogle Mapsはおっしゃいます。

も、もう…

負けました…

36才日本男児として勝負を挑みましたが、完膚無きまでに叩きのめされました。

どこが問題なのか探してみました

ただ負けるだけでは悔しいので、どこのポイントでルートが狂うのか探してみました。


View Larger Map
地図の「+」「−」で拡大縮小するとわかるんですけど、このAの地点だとぐるっと回るルートを選ばされます。このルートだとA地点からB地点まで4時間半。360キロです。

ところがこのAのポイントを北に20メートルくらい動かすと一気にルートは短くなります。

View Larger Map
なんとこれだと12分。8.7キロ。

いったいここに何があるんでしょう。ホント気になります。

ということで「Google Street Viewー!」←ドラえもん風でお願いします

View Larger Map

上の地図のA地点から北を見た図です。
つまり、謎の「通せんぼ」がいる地点を見ているわけです。

何もない。
敢えて言うなら交差点があるくらい。

謎だらけ。「情報求む」です。

以前もこういうどうしても行けないルートがありました。
こういうのっていったい何なんでしょうね。ほかにもニュージーランド国内でこういう謎のルートがあったら教えてください。

また紹介していきたいと思います。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS