カイコウラってどこ? | カイコウラ旅行2011

ニュージーランドの南島にある街カイコウラまでプチ旅行に行ってきました。

過去数回カイコウラに行ってるけど、今まで何のアクティビティーもしなかったのですが、今回は初のホエールウォッチングツアーに参加してきました。今回から数回に分けて「カイコウラ旅行2011シリーズ」としてアレコレ書いて行きたいと思います。

まずカイコウラってどこ?とかその辺をサラサラッとまとめてみました。


View Larger Map

カイコウラは上の地図のようにニュージーランドの南島、北東にある小さな街。
人口はなんとたったの2200人弱の街。でも、ここはクジラが見れる街としてドンドン栄えてきている。現地の人曰く15年前は本当に何もないただの漁村だったけど、ホエールウォッチングがスタートしてから街はどんどん裕福になっていると言っていた。

カイコウラ(Kaikoura)という名前の由来はマオリ語で「クレイフィッシュ(伊勢エビの一種)を食べる」「クレイフィッシュのご飯」という意味。
kaiが「食べる」とか「食事」という意味。kouraが「クレイフィッシュ」。

カイコウラはホエールウォッチング以外にもイルカと一緒に泳げたり、オットセイの生息地を見に行くことができるなどニュージーランドの野生動物と触れあうことができる。

今回は「プチ」旅行のはずが意外と盛りだくさんの内容だったので、ホエールウォッチング、オットセイとの触れあい、そしてクレイフィッシュとの戦いなんか3ー4回くらいに分けて書いて行こうと思います。

※この旅行をシリーズ一覧で見てみたい場合は「カイコウラ旅行」のリストをご覧ください。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS