NZ-日本の移動で一番良い航空会社って結局なんだろう

つい先日、ニュージーランド航空のチケットを買って日本への一時帰国を決めたんですけど、それまでどの航空券を買うのが一番良いのかいろいろ迷いました。

きっとニュージーランドに住んでいる人、それとニュージーランドに来ようとしている人も同じことで毎回悩むと思うんです。

そこで「自分はこう思いますよ」というのを紹介したいと思います。
そんな考え方もあるんだね。程度に参考にしてもらえたら嬉しいです。

選べる各種航空会社


This photo was taken by Patcard

日本の都市やニュージーランドの都市どこからどこにいくか次第ですけど、いろんな航空会社がニュージーランドと日本を繋いでくれています。

  • ニュージーランド航空
  • JAL(2012年3月25日まで)そのあとはANAに
  • ジェットスター
  • 大韓航空
  • カンタス航空
  • シンガポール航空
  • チャイナエアライン
  • エアアジア

などなどザッと思いつくだけでもこれだけあります。

航空会社を2つに分けてみる

航空会社は2つに分けられると思います。
1つは激安な料金の代わりに食事やサービスが一切ないタイプ。ジェットスターやエアアジアがそのタイプです。
そしてもう1つは一般的な航空会社。料金には食事とかサービスがすべて含まれているタイプ。これがほとんど。

料金を取るのかサービスを取るのか。迷うところです。

結局どれが一番良いんだろう


This photo was taken by Wake Me When Its Over

いろいろ比較をするんですけど、結局いつも辿り着くのはニュージーランド航空です。

というのは、まず格安航空券が本当に格安なのか?を考えてみると意外とそうでもないことが多いんです。時々破格な値段の航空券を出しているときもあるので、そのときは例外です。

例えば12月末の時点でジェットスターはサービス・食事一切無し、荷物20キロで1550ドルくらいでした。この時、ニュージーランド航空(JAL共同運行)をHISやJTBで買うと1800ドル。まだ250ドルほど高いんですけど、そこに食事をしたり、映画を見たりすると1700ドルちょっとまで跳ね上がって差額は100ドルしか変わりません。
いろいろ追加せず節約しても、映画を見ないために時間を潰すものを買ってしまったり、結局何も食べないわけにはいかないからから何か買ってしまったら、250ドルの差額はどんどん少なくなっていきます。

直行便でないジェットスターは機内にいる時間と待ち合わせ時間を足すと往復で46時間。ところが直行便のニュージーランド航空は約半分の24時間です。
この大きな違いは待ち合わせ時間で、ニュージーランド航空なら往復でも空港での待ち時間は2時間15分。ところがジェットスターは往復で待ち時間が20時間もあります。オークランドの空港では一晩明かさないといけません。


This photo was taken by marta monster

18時間も多い待ち時間のあいだに何かを食べたり買ったりするお金の無駄、貴重なホリデーの時間を空港で待ちぼうけに使う時間の無駄を考えたら、ニュージーランド航空で帰るのが一番良い選択なのでは?と思うわけです。

シンガポール航空とか大韓航空と言ったほかの航空会社は値段がほぼ同じで、待ち時間はジェットスターと同じくらいかかってしまうこともあります。
値段が安ければまだ待ち時間は許せても、値段も対して変わらず待ち時間が長いのは意味がわかりません。

さらにニュージーランド航空は2012年のエアライン・オブ・ザ・イヤーを受賞してサービスなどにおいて世界で一番良い航空会社ですからね。(ニュージーランド航空が世界一の航空会社に!” target=”_blank”>記事を読む)

ということでやっぱりニュージーランド航空が一番な選択だと思います。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS