飛行機の良い席・難有りな席を教えてくれるSeatGuru

月に一時帰国をすることになっていろいろ下調べをしている今日この頃です。

飛行機の予約をするとき、座席が選べる場合すごく迷いませんか?
いろいろ好みはあると思うんですけど、好み以前に機体の構造上イマイチな席って時々あります。足の下に荷物を置くスペースがなかったり、すごい寒い席とか、構造上ちょっとだけシートが狭かったり。

そんな好みとは別で「ここは良い席ですよ」とか「ここは難がありますよ」と教えてくれるサイトがあるの知ってますか?

自分自身はしばらく前から知っていたんですけど使ったことありませんでした。
でも、今回初めてニュージーランド航空の機体を調べてみました。

きっと海外旅行をする人ならすごく役立つサイトなので紹介したいと思います。


2

そのサイトの名前はSeatGuru
Guruっていうのはもともとヒンズー教の導師という意味ですが、それがいつからか権威とか専門家という意味で使われるようになりました。わかりやすい別の言葉で言い換えたら「シートマニア」って感じですかね。

使い方は簡単です。
自分が乗りたい飛行機の便名を入れると、その便名の機体を教えてくれます。

ニュージーランド航空で今回乗るのは、NZ0090とNZ0099。これはBoeing 777-200ERという機体を使っていることがすぐにわかります。


SeatGuruでは機体の全部が紹介されてるんですけど、今回は一部を紹介します。

緑のところはGood seat。つまり良い席。
黄色のところは何か難がある席。英語だとdrawbacksと言います。
赤はイマイチな席。多くの場合、この席は使われないみたいです。

それ以外にもトイレの場所とかフライトアテンダントがどこに座るのかなどもわかります。

黄色が付いている席はマウスをその席に合わせるとコメントが出てきます。


例えば自分は個人的に好きな席53B。

コメントによると、この席は非常口に近い分だけ席は広いけど、トイレに近い分だけ人が集まりやすくザワザワしているのでイラッとするかもしれないみたいです。
それと前に席がないのでテーブルとテレビは、シートに収納されているので、その分だけ席が少し狭い。また床に収納がないので離陸時荷物を上に入れなければいけない。
また出口に近いため席が非常に寒くなることがあるそうです。

でも、これは全部好みというか気にするか気にしないかの問題だと思います。
自分の場合、背が高いので(184cm)前にシートがあるよりは、前が空いている席の方が体が楽なので1人で飛行機に乗るときはこの席を好んで予約します。

他にも似たサイトはいろいろ

SeatGuru以外にも似たサイトはいろいろあります。見やすさとかで選んで,試してみると面白いかもしれませんよ。

Best Airline Seats – SeatExpert
Airline Passenger Seat Recommendations | Find the Best Seat
Airline Seat Maps – Best Airplane Seats – Seatmaestro ®

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS