「A Happy New Year」は間違い。どこが間違いでしょう?

スポンサーリンク

2011年は日本にとってもニュージーランドに取っても天災との戦いでした。
本当にたくさんの方が亡くなられたり、多くの方が職を失ったりしていて、「明けましておめでとうございます」という言葉は控えた方が良いなんて聞きますが、敢えて「明けましておめでとうございます」という言葉を使いたいです。

「明けましておめでとう」という言葉には、前の年がどんな年であれ新しい年になったことを祝う意味、それと辛いことがあった人たちに「希望に満ちあふれた年が始まって欲しい」という気持ちが込められていると考えているからです。

明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします

さてさて、そんな真面目なことはさておいて、よく日本で作られた年賀状に「A HAPPY NEW YEAR」と書かれているものを見かけますが、これ間違っているっているの知ってましたか?
ちなみに自分自身も「おかしいなー」と思いながらも、イマイチはっきりしていませんでした。

何が間違っているか。わかりましたか?

正解は「Happy」じゃない。

ではありません!

スポンサーリンク

正解は「A」が付かないです。

文章中では「a」は入るんです。
例えば Merry Chiristmas and a happy new yearとか、「良いお年を!」的に使う「Have a happy New Year!」、「良い年でありますように」の代わりとして使える「I wish you a Happy New Year」などです。

でも、単体で使う場合は「Happy new year」としか言いません。

それは日本人でもわかりそうな例だと寝る前のあいさつ「おやすみ」を英語で何というかほぼ100%の人が知ってると思います。

さて、なんでしょう?これは難しすぎる問題かも。

そうです。
「Good Night」です。これも文章では「Have a good night」とは言うけど、単品の時は「a」を入れず「Good night」と言います。似たのだとGood Morning!とは言うけど、「A Good Morning」とは言わない。

とっさに声をかけられた結果「あ。Good Morning」ってなることはあるけど。

細かいことなんですけどね。
口で言う分にはわからないだろうし。でも、ポストカードとか年賀状、あとメールの件名とかは「Happy New Year」と書くようにしましょう。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS