2011年を振り返って。そして2012年に向けて

スポンサーリンク

今年も残すところあと1週間を切ろうとしています。

今年は36年の人生の中でも激動の1年でした。
そんな激動の1年も、何かに書き記さないと10年経ったら忘れてしまうかもしれないので、記録として残しておきたいと思います。

そして、それを踏まえて来年2012年をどうしたいか考えてみたいと思います。

2011年を振り返って

とにかく災害が多い1年


まず2月に起こったクライストチャーチの大地震。
1ヶ月に2回くらいしか行かないクライストチャーチ。なのにそのタイミングであの大地震に巻き込まれてた。偶然いた場所は市街地。しかも、大事な日本から来たお客さんたちとお昼を食べているときに、揺れた。

結果、怪我もなく(謎の高熱に見舞われたけど)車も無事だったけど、いろんなことを考えさせられる大地震だった。


そんな地震の数週間後、今度は日本で大地震。

テレビやインターネットでその被害の大きさを知って、日本にいなくて違う国に住んでることで、またさらにいろんなことを考えさせられた。

永住権に明け暮れた1年


クライストチャーチで地震が起こったり、いろんな理由で5月か6月に申請する予定だった永住権を早めて2月くらいにした。

スポンサーリンク

それが功を奏したのか、どうだったのかわからないけど結果的にEOIという最初の段階から、永住権取得まで9ヶ月くらいで永住権を取ることができました。すべての書類が揃って本申請からの期間だけで言えば3ヶ月ちょっとでした。

これはもうホント周りのサポートとかがあってできたことなので、感謝しなければいけません。ありがとうございました。

そのほか諸々あった1年

なんか「そのほか諸々」にくくってしまうと些末なことみたいな感じがしますが、他にもいろいろ人生の方向性を変えることがありました。

中でも「人生の方向性を変えて欲しい」という意味では、このサイト「日刊ニュージーランドライフ」をスタートさせたのは、大きいのかもしれません。

最初は「響きが良いから」という理由で付けた「日刊」も本当に毎日書き続けています。おかげで記事の数はこの記事で315になりました。
もちろん人気ブロガーの人たちがやってるブログとか、企業サイトと比べたら弱小サイトですが、それでも少しずつ見てもらえる人も増えてきました。

2011年をまとめて振り返ってみると

日本でも、ニュージーランドでも地震があったり、念願の永住権が取れたり、いろんな人との出会いとか別れがあったりして、改めて自分が、どこにいたいのか、誰といたいのか、何をしたいのかを考えさせられる1年でした。

きっとこれからもいろんなことが起こると思うけど、自分の人生の中で2011年という年は節目と言って間違いない1年になったと思います。

2012年に向けて

そんな2011年を踏まえて、来年1年は「ステップ」の年にできたらいいなーと思っています。

ステップの年というのは、ホップ・ステップ・ジャンプのステップです。
やっと永住権を取って、ニュージーランドに根を下ろすスタートラインに立てた今年は「ホップ」の年。なら来年はステップかな?と。

もしかしたらステップの準備をするとしかもしれないけど。

2012年も2011年の激動の勢いは続きそうなので、この勢いに乗せていろいろ推し進めたいと思います。

欲を言えば、この日刊ニュージーランドライフをうまく使って何かに繋げられたら良いなーと考えています。

いろいろ動き始めたら、このサイトでも紹介していきます。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS