永住権の特権?のJRパスを調べた&プチ裏技

前に少し書きましたが2月に一時帰国することになりました。
2011年は永住権を申請していたり、職場も少し人が足りなかったりで日本に一時帰国できなかったんです。

でもやっと永住権が取れて不安材料が減ったり、スタッフも年明けしばらくは割と揃っているので、ホリデーをもらって日本に一時帰国できるようになったわけです。

永住権が取れたことで得られる大きな特典が1つあります。
それはJapan rail passというJRほぼ全線乗り放題のチケットを買えるようになることです。

今回初めてJapan Rail passを買うので、その「ほぼ全線」という曖昧なところと、気になる値段なんかを調べてみました。


This photo was taken by adam79

Japan rail passって何?

Japan Rail Passは通称「JRパス」と呼ばれていて、南はJR九州から、北はJR北海道までJRグループ6社のほぼ全部の電車に乗れてしまうお得なチケットです。

ただ残念なのは東海道・山陽・九州新幹線の「のぞみ」と「みずほ」には乗れないようです。

そのほか細かい規定はJapan Rail Passのページを見てもらうのが良いと思います。
Japan Rail Pass : ジャパンレールパスの適用範囲

JRパスを買える人

このJRパスは以下の人たちが買えるチケットです。

  1. 外国人旅行者で「15日間もしくは90日間」のビジタービザを持っている人
  2. 日本国籍を持っていて外国で永住権を持っているか、日本国外に住み外国人と結婚している人

気になるお値段は?

席がグリーン車と普通車に別れていて、普通車であれば1週間JR乗り放題で28,300円。グリーン車でも1万円弱アップの37,800円と破格の値段です。 ちなみに2週間で45,100円、3週間で57,700円です。

これは例えば東京と新大阪で片道14000円くらいするので、往復すればすでに元が取れちゃうわけです。でも1週間乗り放題なので、さらに広島に行って牡蠣を食べて、下関に行ってふぐを…なんてしてたら、どれだけこのJRパスがお得かわかります。

とりあえず今ザックリ計算したらすでに33000円分くらいは電車に乗ることがわかったので、これはJRパスを買っておいて損じゃないなという気がしています。ほか出かけるたびにJRを優先的に使えば使うほどお得になるわけです。

どこで買えるの?

ニュージーランドの場合、Flight Centreとかでも買えますが、HISとかJTBで買った方が安いみたいです。
オークランドに住んでいない人でも振り込みでお金を払えば、郵送(有料)で送ってくれると言っていました。

JRパスを使うときのプチ裏技

待ち時間をギュッと短縮する裏技

うちの職場の人は以前、仕事などでよく日本に出張に行っていて、その人からちょっとした裏技を教えてもらいました。

その裏技というのは、JRパスを発券するとき期間内のすべての日程を紙に書いておいたものを、JRの窓口で見せて一気に発行してもらうというと良いらしいです。
そうすると毎回並んでチケットを買わなくて良いし、もし日程が変わってもキャンセルする場合、JRパスはキャンセル料がかからないので、そのまま新たなチケットを買えば良いわけです。

ホテル代1泊を節約&遊ぶ時間を増やす裏技

Blue Worksの情報によると、東京-大阪間では夜行バスの利用もできるらしいです。そうすると移動代だけでなく、1泊をバスの中ですれば宿代を浮かせることだってできちゃうんですね。
そうすれば、1日東京で遊んで夜12時前のバスで大阪に向かって朝8時には大阪にいることができます。
ちなみに乗ることができるのは「ドリーム号」と女性専用のレディースドリーム号だけらしいです。
※情報元のBlue Worksさんも調べただけで実際に乗ったことはないらしいので注意してください。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS