GPを探す。その前にGPって何だ?

スポンサーリンク

永住権が取れて、ニュージーランドに根を下ろす第一歩で何をしようか考えていました。

「根を下ろすためにすること」と言っても、どこかピンと来ません。
家を探すほどのお金はないし、お祝いで旅行!っていうのは根を下ろすこととは関係ないし。銀行口座ももちろんあるし、クレジットカードも、車の免許も、いろんなポイントサービスにも加入しているし…と思っていました。

そんなある日、うちの会社のオーナーから「永住権取れたし、GPを見つけないとね」と言われて「これだっ!!」となりました。

そういえばGPがいないんです。
GPがいないと長く生活していく上でやっぱり不便なんです。GP。

GPって何?

さっきからGP、GPと言っていますが読み方はそのままジーピーです。
いったいGPが何かというと、日本語で言うところの「かかりつけの医者」みたいな感じです。General Practitioner(一般開業医)の略です。


This photo was taken by throgers
かかりつけの医者と言っても、ニュージーランドと日本では医療システムが少し違っていて、ちょっと意味合いが違います。

日本だったら、目が痛かったら自分で目医者に。喉がすごい痛かったり、花粉症が酷かったら耳鼻咽喉科に行ったり、自分の症状に合わせて、自分で好きな病院を見つけて行くことができます。
その中で自分がよく行く医者、昔からお世話になっている医者を「かかりつけの医者」というと思うんです。

ところが、ニュージーランドの場合まずはGPという医者に診てもらって、その症状に合わせて薬を処方してもらったり、専門医を紹介してもらってから専門医に診てもらうことになります。
なので花粉症が酷いからと言って、いきなり花粉症の専門医の所に行って「診てくださいな」と言っても診てくれません。
ここが日本とは大きな違いです。

スポンサーリンク

GPは何でも診てくれます。目でも鼻でも、風邪でも怪我しても、妊娠しても。

もちろん事故とか急病の場合は、急患の医者がいます。でもそれ以外だと日本のように直接病院に行けないのはちょっとめんどくさいと言えばめんどくさいのかもしれません。

でも、あらゆる病気の履歴を管理してくれて、緊急などで運ばれたりしてもその情報はGPのところに行ったりするので、「管理」という意味ではGPシステムの方が優れていると思います。一長一短ですね。

GPを探すつもりが

自分のGPは結局オーナーが20年来行っているGPにお願いすることになりました。

「良いGP」を探すのはもちろん重要なんですけど、その「20年来の付き合い」をまずは頼ってみることにします。
ちなみにGPはいつでも変えられるので、様子を見ながら良い医者を探してみたいと思います。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS