NZの永住権にIELTS6.5は本当に必要か

「ニュージーランドの永住権を取るにはIELTS6.5が必須」とずっと聞いていました。

IELTS6.5というのは相当高いスコアです。
IELTSはTOEICとか英検と違って、SpeakingもWritingもあるので、日本人が真面目に勉強してるだけじゃ喋ったり書いたりする部分の点数を上げるのは至難の業です。

そんな中この前おかげさまで永住権を取れたわけですがIELTS6.5を自分は持っていません。

そもそもIELTSを受けたことがありません。

万人に当てはまる方法ではないのかもしれませんが、一応いかに自分がIELTSを受けずに永住権を取れたのか紹介してみたいと思います。

本当に永住権にIELTS6.5は必須なのか

永住権を申請するとき、申請するページをよーーーーく見ていたら、どこにも必須とは書いてありませんでした。

書いてあるのは「IELTS6.5か、それに相当する何か英語力を証明するもの」と書いてあるんです。

つまりテストを受けなくても良いんです。

テストとか苦手。でも現場で英語を使って生き抜く力なら負けないぜ!という人には朗報です。

IELTS6.5の代わりに何を出したのか

自分が出した書類はLCQというお酒を売る資格(リカーライセンス)を取ったときの証明書と、リカーライセンスを持った人がお店でお酒の責任者になるための面接を受けたときの結果が記された手紙を提出しました。


使用カメラ:RICOH CX3
上の書類たちがその手紙と資格。

この面接は資格を持っていて、お店で使えるようにするにはその資格を持っている人が英語でお客さんと対等に会話ができるだけの英語力を見たり、その人の人柄などチェックするためのものです。
しかも、その面接はある意味、国が運営しているものなので、面接官が「彼の英語は大丈夫」と言えば、英語は喋れていると判断されるわけです。

ちなみにその面接の結果にはこんなことが書かれていました

I have interviewed ○○(名前) and although English is his second language I found him to have no difficulty in understanding and responding to my questions and to have a good knowledge of the Sale of Liquor Act and host responsibility requirements

もちろん自分自身、永住権を申請するときにはその資格がIELTS6.5の代わりとして認められるとは思っていませんでした。(もちろん淡い期待をして提出したわけですが)

そして無事に英語をIELTS6.5相当喋れると認められて、永住権を取ることができました。

そのほかにも認められるケースがある

他にもニュージーランドの学校を卒業していたり、資格を持っているとIELTSを受けなくても認められるケースが多いようです。

どうせIELTSでも何か資格を取るのでも勉強しないといけないなら、IETLSの勉強をするより何か身につけて、それが結果英語力の向上に繋がった方が、身につくモノが多い気がします。

ダメなケースもあるので注意

もちろん自分の場合は偶然かもしれません。担当者によっては、持っている資格によっては「念のためIELTS受けて」とか、「面接するから来て」と英語レベルの証明を別途されるかもしれません。注意しましょう。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS