[動画有り] 二重の虹に向かってドライブ

天気が変わりやすいニュージーランドでは虹をよく見かけます。

最初の頃は「うわっ!虹だっ!」とテンションがグーーーン↑↑と上がって写真を撮りまくるんですけど、何年かしてくると「あ、また虹だ。キレイだなー」くらいになってしまいます。

そんな若干、虹慣れしてきたところにものすごいキレイな虹が現れました。

久しぶりに見る二重の虹。
しかも、全体を見渡せるじゃまな建物とか木がない良いところで見ることができたので、写真をバッシバシ撮ってきました。

今回は動画も撮りましたので写真と合わせて紹介したいと思います。

空にそびえ立つ光の柱。ニュージーランドの二重虹 from Masafumi Osada on Vimeo.

最初どんな風に見えたのか。そして最後はどのくらい鮮明になったのかをわかってもらえると思います。

使用カメラ:RICOH CX3
↑上の写真はクリックすると大きな写真を見ることができます。

そして数枚の写真を繋げて作った虹の全体写真。

動画を見てもらったほうがわかりやすいかもしれないんですけど、この2重の虹は面白い特徴があるんです。

まず1つ目は虹の内側と外側で空の色が違うんです。
2重の虹になっているときはほとんどの場合、虹の内側が明るくなります。

そして2つ目は内側の虹(主虹)と外側の虹(副虹)で色が逆なんです。
主虹は外が赤。中が紫とか黄色緑。ところが副虹は逆です。

何でそうなるのかについては、なんだか小難しいのでWikipediaなどで調べてみてください。

この虹を見たあとは、なんだかすごく縁起が良いものを見た感じがしました。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS