ハンマーでフレンチ。Chantellinis Restaurant

スポンサーリンク

以前も1回紹介したハンマースプリングスでオススメのレストラン「Chantellinis Restaurant, Café and Bar」に今度はお昼を食べに行って来ました。(そのときの話

前回はまさかのデジカメ電池切れと、室内が暗すぎてあまりご飯の写真を撮れなかったのですが、今回はバッチリの快晴。しかもデジカメはちゃんと充電してあったのでしっかりご飯の写真も撮れています。



街は快晴、しかも桜が満開で人で溢れていました。

「人で溢れる」と言っても日本の観光地と比べたら人が少ないんですけど、ただでさえ人が少ないニュージーランドの中でも田舎に住んでいる自分にとっては、この人数でも「うわ…」となってしまいます。

なので人だかりを避けてさっそくお店に入りました。


窓からの眺め。

まだ11時くらいだったのにお店はけっこう混んでいました。
外の席はほぼ満席。室内の席もわりと埋まっていました。

このレストランは街の中心地から少し外れたところにあって、しかもできたばかりなのに割といつも混んでいます。けっこう「美味しい」という評判が広まっているのかも。

今回頼んだのは、ステーキのオープンサンドイッチと、エッグスベネディクト、それとデザートのババロアです。

まずはエッグスベネディクトから。

エッグスベネディクトって?という人のために少し説明をすると、パンの上にサーモンやほうれん草、あとベーコンなどどれか1つをを乗せて、その上にポーチドエッグ(落とし卵)、そのさらに上にオランデーズソースというバター、レモン、卵の黄身、塩こしょうなどで作られたソースをタップリかけたニュージーランドの朝食では定番のメニューです。

スポンサーリンク

今回はサーモンが乗っているのを頼みました。
濃厚なソースと、サーモンと卵の旨味ですごく美味しかったです。あとこの周りにちりばめてあるパセリとか、ピーマンで彩りもすごくキレイでした。

そして次はステーキのオープンサンドイッチ。

サンドイッチは挟んで食べるものなのに、「オープンサンドイッチ」というなんだかわかるようなわからないような名前の食べ物です。
「大トロの握らないにぎり寿司」と言われているようなものです。

パンの上にタルタルソースみたいなソース、その上にステーキというまぁ普通の組み合わせなんですけど、ものすごく美味しかったです。

エッグスベネディクトで使われているパンと言い、オープンサンドイッチで使われているパンと言い、このお店のパンはすごく美味しいんです。だから、どっちも割と普通な感じなのに、すごく美味しく感じられます。

最後はババロア。
ここのお店はフレンチ・レストランでスタッフもフランス語をしゃべる人たち。そしてババロア(Bavarois)はフランスのデザートなんです。

なので本場のババロアが食べられる!と期待してました。
ババロアのイメージと言えば、こんな感じでした。

Google画像検索

そして出てきたババロアがこれ。

勝手にイメージしていたババロアとは全然違うものが出てきました。
ツヤッとした感じはどこにもないし、ドーナツみたいに真ん中に穴も開いてない。

でも食べてみたらすっごく美味しい。
甘すぎず、あとババロアのふわっとした感じが口当たり柔らかでいくらでも食べれそうでした。

このレストランはやっぱり当たり。
ハンマースプリングスでご飯を食べるときは次回から定番になりそうです。

このページの目次

勝手に評価

オススメ度:★★★★
また行きたい度:★★★★★
サービス:★★★★★
美味しさ:★★★★★
カジュアル度:★★★
フォーマル度:★★★
リアルフランス度:★★★★

お店情報


大きな地図で見る

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS