Kiwiスラング 003 「Lovely」

スポンサーリンク

日本語に男言葉と女言葉があるように、英語には日本語ほどの違いはないけど、男が主に使う単語とか、女性がよく使う女言葉があります。

たとえばLovely。
ニュージーランド人を含めイギリス英語をしゃべる人は男も女もLovelyっていう言葉をよく使う。

アメリカ人でLovelyという言葉は使われるけど、使うのは女性かゲイくらい。

今回は恐ろしいLovelyの使い手に遭遇したので、記事にしてみました。

Lovely。
日本人が知ってる意味だと

(主に女性に対して)美しい。心引かれる。(物事が)すばらしい。素敵。

が一般的です。

ところがニュージーランドではLovelyを男性も女性も使います。
だから、ラグビーでオールブラックスが点数を決めたり、良いプレイをすると「よしっ!」の代わりに「Lovely!!」と言ったりします。
アメリカ人が聞いたら「あら素敵♪」的に聞こえちゃって気持ち悪いみたいです。


This photo was taken by Xelcise
あと部屋が暖かくて気持ちいいときは「Lovely and warm」、上のようなカードを見たら「lovely card isn’t it?」、何か頼まれたものを渡したときも「Lovely」なんて言ったりします。
これらはどれも男の女も使います。

ところがこの前、こりゃすごいという会話にお客さんとなりました。

お客:「コーヒーの持ち帰りやってる?」
店員:「はい。やってますよ」
お客:「Lovely
店員:「メニューはここです」
お客:「Lovely。じゃあ、Flat Whiteを1つちょうだい」
店員:「はい。では4ドル50セントです」
お客:「Lovely」言いながら10ドル札を渡す
店員:「5ドル50セントのお返しです」
お客:「Lovely

スポンサーリンク

コーヒーを作って出す。
店員:「お待たせしました。お持ち帰りのFlat Whiteです」
お客:「Lovely

コーヒーを受け取って出口に向かいながら一口飲んで

お客:「Lovely

お前はラブリー星人か!
これネタじゃくてホントの話です。他の人はさすがにこんな多用はしないけど、かなり使われている言葉です。

他にもKiwiスラングはたくさんあるので、これからもドンドン紹介したいと思います。
シリーズで見てみたい方は「Kiwiスラング」をご覧ください。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS