魔女の宅急便 – Kiki’s Delivery Service –

ずっと前に友だちにもらったテレビを録画した「魔女の宅急便」のDVDを見ようと思ったら、ディスクが悪かったのか途中から再生できなくて止まってしまった。

でも、見始めたからには最後まで見たい!ってことでオンラインショップで英語版「魔女の宅急便」Kiki’s Delivery Serviceを買ってみました。


開けてみたら、こんな感じ。
日本語版を知らないから、ふーんって感じ。

音声が日本語と英語があって、英語版は違和感満点。
どう違和感があるかYoutubeとかで英語版の動画が載ってないか調べてみたけど載ってません。残念。

一番大きな違いは主題歌が違うことかな。
「ちーーいさーいころーーーはーー♪かーーーみさまがいてーー♪」でおなじみの曲じゃなくて、「I’m Gunna Fly」って曲にかわっている。

これがその歌。

あとはジジが年寄りな声になってたり、口に合わせた台詞になってるから日本語版とは言ってることが全然違ったり。そのほかWikipediaの「Kiki's Delivery Service」というページを見ると細かい文化的な事情で台詞が変わっていたり、日本だと無音のシーンで台詞があったりしてるみたい。

まぁ、でもこれって英語が原作の映画を日本語吹き替え版にしたときにも起こることだからね。

でも改めて見てみたら、いろんな意味で面白い映画でした。
英語の勉強にもなるし、昔見たときと自分の見方が変わっていたりして、思わぬ発見があったりもしました。

これに続いてジブリ作品の英語版買ってしまいそう。

Amazon.co.jpでDVDをチェック:魔女の宅急便
Wkipediaで裏話とかをチェック:魔女の宅急便 (スタジオジブリ作品) – Wikipedia

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS