PO BoxとPrivate Bagの違いって何だろう?

スポンサーリンク

以前から気になっていた疑問を解決したので、記事にしてみます。

ニュージーランドに荷物を送るときの宛先には主に2つのタイプがあります。

1つは英語で言うとPhysical addressといって、その送り先の住所そのもの。

例えば以前紹介したレストランEdesiaの場合は
12 Show Place Christchurch New Zealand 8024。

これはそのお店の住所そのものだから、これを頼りにご飯を食べに行くことができる。

そしてもう一つの宛先はPostal Addressと呼ばれるもの。
日本語で言うと「私書箱」って思えばわかりやすいと思います。


This photo was taken by CK

上で書いたEdesiaの場合は P.O Box 33409 Barrington。
これはその宛先がどこか全然わからない。Barringtonっていう通りの名前があるので、「だいたいこの辺かな?」というのは検討が付くけど、それ以上はわからない。

会社が便利なのはもちろんだけど、プライバシーを保護するっていう意味でもPostal Addressは便利。

このPostal AddressにはPO Box以外にもPrivate Bagというのがあって以前からなんなんだろう?と気になっていたので調べてみました。

スポンサーリンク


This photo was taken by Drew Woods

PO Box

まずPO Boxの読み方はピーオーボックスです。ポーボックスではありません。

PO Boxは日に50通以下の手紙を受け取る人が作れる私書箱。
料金は安いものだと年間で125ドル。高くても240ドルと意外と高くない。料金の違いは配達される時間が早いか、遅いか。週に5日仕分けされ配達されるか、それが6日か、箱が大きいか小さいかで変わってくる。

ちなみにPO Boxは手紙だけで箱とか包みの郵便は受け付けていません。

Private Bag

Private Bagは大きい版のPO Box。PO Boxと違って箱とか、包みとかも受け取ってくれるし、手紙の数も50通以上受け取ってくれる。

料金は年間で330ドルで統一されていて、週の仕分けは5日間。

補足

日刊ニュージーランドライフを読んでいただいている読者の方からメッセージを頂きましたので補足します。

PO Boxでは原則として、箱の荷物は受け取ってくれないのですが、これがまたニュージーランド的で担当者なのか郵便局なのかわかりませんが、受け取ってくれるところもあるようです。
その場合、「荷物預かってますよ」と紙が入っているそうです。

昔お世話になった人がPO Boxを使っていて、その人からは「箱系のものを送る場合はPO Boxに送らないで!私何度も郵便局で怒られてるの!」と言ってました。

それとEMSなどサインが必要なものは、サインとしてから郵便物をもらうそうです。

なるほどですねー

結論

ニュージーランドに住んでいない人にとっては、まったく興味が湧かなさそうだけど、個人的にはすごくスッキリ!でした。

どのみちお金を払うなら年間330ドルのPrivate Bagの方がいいなーと思いました。
まぁ、個人でPrivate BagとかPO Boxを持つことなんて当分なさそうだけどね。

情報元

This photo was taken by PO Box & Private Bags | New Zealand Post

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS