人口1000人の街でも盛り上がるラグビーワールドカップ

ラグビーワールドカップでニュージーランド最大の都市オークランドは街中が大盛り上がりになっているそうです。

ただ南島、しかもラグビーが開催されない街に住んでいるとラグビーワールドカップの気配はほとんどしません。スーパーの飾りがラグビーだったり、飲み屋が試合の日は盛り上がる程度。

そんな中、偶然通りがかった小さな街Reeftonで、可愛い試みが行われていました。

Reefton(リーフトン)はクライストチャーチから、北に来るまで3時間半ほど北に上がったところにある人口たった1000人の村。
メイン通りにスーパーとかカフェとか並んでいるだけです。

そんなリーフトンのあるお店の前を通ったら、こんな飾り付けを見かけました。

ちなみに行ったのはラグビーワールドカップが開催される前日です。


この赤と白の感じ。額の中には日本っぽい絵があって、下の方にはおちょことか、日本の図鑑が飾ってある。

よく見てみると、ラグビーのユニフォームにJAPANの文字。

写真にも載ってる気の良いお祖母ちゃんに「なんで日本の飾り付けなの?」と話を聞いてみると、

昨日突然、街中のお店20店舗に1チームずつ与えられて飾り付けをしなさいって言われたのよ。私は偶然日本を選んだの。

とのことでした。

よーし、こうなったラグビーワールドカップの出場国すべてを制覇してやろう!と街中を探し回りました。

ところが言われたのが昨日。

なので全然見つからない。
結局見つかったのは

アイルランド。


カナダ


アルゼンチン


まだ準備中のナミビア


なんだか気持ちが悪い飾りのグルジア

日本を含めてたった6ヶ国でした。
ニュージーランドは電気屋さんだったのですが、まだ何も準備されていませんでした。

準備している人に声をかけられるとみんな「昨日言われたから準備で大変よ!」と口を揃えて、でもどこかみんなクリスマスの準備をするみたいに楽しそうでした。

小さな街でも、一応ラグビーワールドカップ2011盛り上がってる?盛り上げようとしているみたいです。

出場国すべての20ヶ国が揃うのを見たいけど、ここの街に来ることはほとんどないので、見る機会ないんでしょうねぇ。残念。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS