永住権申請用の書類集め

永住権の申請にあたっていろいろ書類集めをしている。

その中の1つが、自分の職歴を証明する書類たち。


一番簡単で手っ取り早いのが、Reference letterと呼ばれるもの。
これは勤めていた会社に在籍証明を書いてもらい、その書類上で働いていた期間やポジションなどを証明する。英語で書いてくれる会社だと一番良いけど、なかなかそうもいかないので、その場合は英訳を依頼する。

自分の場合、今回の永住権でReference letterを書いてもらいたい場所は4カ所。
2カ所はバッパー。エクスチェンジの仕事だけど、何をしていたかなど証明してもらいたい。一応、お金が支払われた仕事しか経験にはならないようなことが書いてあるけど、何もないよりはあったほうが良いのでは?という判断でお願いすることにした。
両方とも「書いてあげるよ」というメールが来て、今やりとりをしている。

そして2社はお金がちゃんと出ている仕事。
ワーホリ時代のジャパレスと、4年勤めた日本の企業。

ウェイターをやってたジャパレスに4年以上ぶりに電話するにあたって電話番号がわからずネットで調べた。
4年以上連絡していないし、「ずっと連絡してこなくて、お願い事の時だけ電話してくるってどういう了見?」な感じもあったけど意を決して電話してみた。

電話に出たのは知らないアジア人。「あれ?」と思って話をしてみたら、4ヶ月前に自分が勤めていたジャパレスはオーナーが変わってしまったらしい…。しかも連絡先は知らないと言われ、Reference Letterの候補が1つ音を立てて消えた。

次は日本の企業とやりとり。
ここは勤めていた会社が吸収合併され別の会社になっているのは知っていて無理に頼んでみた。2通ほどやりとりをして音信不通。忙しくて音信不通なのか、「時間がかかるかも?」って言ってたから調査中なのか。ぎりぎりまで待つしかない。

と言うことで、職歴を証明する書類集めは若干頓挫中です。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS