動画で見るいろんなハカ(Haka)。最新バージョンもあり

ラグビーワールドカップまであと5日。

そこで今回は「ハカ」を紹介したいと思います。
いろんなバージョンのハカを見て、ラグビーワールドカップが始まるまで気持ちを盛り上げていきましょう!

「ハカ」と一言で言ってもいろんなハカがあります。

もともとはもともとはマオリ踊り。
非常に血の気の多いマオリ族は、部族同士の争いが絶えず、戦いの前にハカを踊ることで自分たちの力を誇示して、相手を威嚇していました。
もちろん全部族が同じ踊りをするわけではなく、いろんな種類の踊りがあり、いかに相手を威嚇できるかを競っていました。

その熱い血が入ったラグビーのハカももちろんいろんなバージョンがあります。


きっとこのハカが日本で一番有名なんじゃないでしょうか。
日本でもCMで「頑張って頑張って」とちょっと台詞を変えたこのバージョンが使われてましたからね。

この動画、下に字幕があるので何を言ってるかもわかって面白い。


2005年のハカ。あまりの迫力で目の前でされたら泣いちゃうそう…
このハカは「Kapa o Pango」という名前のハカで、最後に「お前の首をかっ切るぞ!」というジェスチャーが問題視され、このあとは、首のところでやっていた親指を動かすジェスチャーが胸元でされるようになった。


そしてこれが今年オーストラリアとの試合で見せた最新版のハカ。

いやーこうやって見るとすごいですね。
勢いがある。

試合始まるのが楽しみになってきました。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS