あの巨大サンタ。ワナカの博物館にお引っ越し

スポンサーリンク

「ニュージーライフ」はちょっと変わった名前「のある暮らし」に名称を変更しました。
日本に帰ってきて、ニュージーランドに住んでいない自分にとって「ニュージーライフ」という名前は違和感しかなく、再開をするこのタイミングで名前を変えてます。
▶︎ ブログの名前を変えました。その理由と意味 | のある暮らし

ニュージーランドのクリスマスを象徴するものといえば、去年まではオークランドの巨大サンタクロースでした。

ところがあの巨大サンタクロースは去年引退が発表され話題を呼びました。

それから約1年。巨大サンタは新天地に向けて、海を越える引っ越しが行われたそうです。

目次

紆余曲折ありつつ60年間愛されたサンタクロース

2019年12月に撮影。過労のせいか、白目を剥いてます

12月から1月にかけてオークランドに来たことがある方なら、一度は目にしたことがある巨大サンタ。

Victoria StreetとQueen Streetの交差点を見下ろす形で飾られていた巨大サンタクロースは紆余曲折を経て、2019年のクリスマスシーズンを最後に引退しました。

もともと1960年にHobson StreetのFarmersで登場した巨大サンタクロース。その後、Manukau Shopping Centreで飾られたり、1998年には「1ドル」でオークションに出されるなど波乱万丈の人生を送ってきました。

そして最近では2014年に引退を発表するも支援する企業が現れ、延命されましたが2020年11月に「今シーズンを最後に引退する」と発表されていました。

このサンタクロース。お披露目当時は世界最大のファイバーグラス製サンタクロースとして華々しくデビューするも、その後の修繕費や維持費、倉庫代が莫大にかかることから、今回の引退となりました。

スポンサーリンク

ちなみに倉庫代だけで年間で20万ドル(1500万円)ほどかかるそうです。

新天地ワナカの博物館にひっそりお引っ越し

さて引退したサンタクロースですが、今年のクリスマスを迎える前に昨晩11月17日、新天地のワナカにあるNational Transport and Toy Museumと言う博物館に向かって大移動を始めました。

サンタクロースは一緒に飾られていたトナカイと一緒に13のパーツに分解され、大型トレーラーで輸送されました。

その間、途中で北島と南島を渡るフェリーにも乗っているとか。

ちなみにワナカのNational Transport and Toy Museumの場所はこちらです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元NZ在住40代男性。大阪在住。2005年からニュージーランド15年、カナダで1年の生活を経て2022年に日本帰国。ブログ運営が仕事。

目次