NZニュース

オークランド市内で新型コロナの市中感染が明らかに。市民に警戒を促す

スポンサーリンク

オークランドの街の中心地で新型コロナウイルスの市中感染が明らかになりました。

これまでもニュージーランド国内で市中感染は確認されているのですが、今回の感染者は症状が出た状態で接客の仕事をしたり、飲食店で食事やテイクアウトをしたため、他に感染させている可能性が高いため大きく報じられています。

この記事では今回の市中感染者についての情報をまとめました。
オークランド在住の方や、知り合いがオークランドにいる方はご注意ください。

感染者の情報と行動履歴

今回感染が明らかになった女性の感染したと思われる日から陽性反応が出るまでの日程は以下のようになっています。

  • 11月7日 … 感染した可能性がある日
  • 11月9日 … 新型コロナウイルスの症状が出る
  • 11月10日 … 検査を受ける
  • 11月12日 … 感染が明らかになる

今回問題になっているのは、9日に発症し10日に検査を受けているにもかかわらず、その後も接客の仕事をしていたことです。

しかも感染が明らかになった女性は11日に「具合が悪いから休みたい」と伝えたところ「マスクをつけて働いて欲しい」と言われたとか。

スポンサーリンク

この「休ませてもらえなかった」と言う件については「言った言わない」問題になっていて、お店側は「そんなの知らない」「弁護士を立てる」と話しているので、真相は分かりませんが、「症状が出ている状態でマスクをつけていたとはいえ、勤務していた」ことは大きな問題です。

政府は感染者のこれまでの行動を公表し、同じタイミングまたはその周辺で同じ店舗を訪れた人は検査を受け、検査の結果が出るまでは外出を控えるよう促しています。

11月7日(土曜日)

  • 15時50分から18時:Smith and Caughey’s, Queen St
  • 18時から20時30分:Red Pig Restaurant, Kitchener St

11月8日(日曜日)

  • 11字30分から11時45分:Starbucks Queen StとSunnytown Restaurant, Lorne Stでテイクアウト
  • 18字40分から18時50分:The Gateau House, 332 Queen Stでテイクアウト

11月9日(月曜日)

  • 11時30分から11時40分:Starbucks Queen StとSunnytown Restaurant, Lorne Stでテイクアウト

11月8日から11月11日

感染が明らかになった女性はHigh StreetにあるA-Z Collectionと言う洋服店にマスクをつけた状態で勤務していていたことも明らかになっています。

オークランドで検査を受けられる場所

もし上で紹介したお店を同じタイミング、またはその周辺の時間帯で訪れた人、または上で紹介したところを訪れていなくても、自身の判断で感染の疑いがある場合は、検査を受けるようにしましょう。

検査はオークランドの街中だと以下の場所で受けることができます。

  • the Melville Centre on Freyberg Place
  • the Victoria Park Community Testing Centre
  • Quay Park Health Centre at 68 Beach Rd
  • the Wynyard Quarter Carpark Community Testing Centre on Madden St

それ以外で検査を受けたい場合は「Where to get tested | ARPHS」で最寄りの検査を受ける場所を探すことができます。

オークランドの中心で働く人は在宅ワークを

もしオークランドの中心(CBD)にある会社で勤めている場合は、在宅ワークをするよう政府は要請しています。

スポンサーリンク

もしどうしても街中に行かなければいけないときは、マスクを着用の上、人との距離を取り、お店に行くときは追跡アプリでQRコードをスキャンしましょう。

今後の感染状況から目が離せません

今回政府は市中感染が明らかになったことを受けて、今すぐに警戒レベルを上げることはないとしています。

ただ今後の感染者数でどうなるか分かりません。

これからニュージーランドは夏、さらにクリスマスや年末年始を迎えて経済が大きく動く時期を迎えます。そのタイミングで感染者が明らかになり、警戒レベルを上げてしまうと、経済の損失が大きいのは明らかです。

11月12日、日本は1日の感染者数が1600人を超え、過去最多を記録しました。

それと同じ日にニュージーランドは「1人の市中感染者」で大騒ぎになるというのは、正直いかにニュージーランドの新型コロナウイルスの感染者数が少ないかわかります。

今回の市中感染。大きな動きがあったらまたお知らせしたいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ABOUT ME
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主宰しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のTwitter @masaosadaには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。
関連するかもしれない記事