約半年ぶりにオーストラリアとの間で渡航再開。ニュージーランド

スポンサーリンク

「ニュージーライフ」はちょっと変わった名前「のある暮らし」に名称を変更しました。
日本に帰ってきて、ニュージーランドに住んでいない自分にとって「ニュージーライフ」という名前は違和感しかなく、再開をするこのタイミングで名前を変えてます。
▶︎ ブログの名前を変えました。その理由と意味 | のある暮らし

新型コロナウイルスによって今年の3ヶ月から両国の間で行き来をする際は制限されていました。

その制限が本日10月16日から緩和され、ニュージーランドーオーストラリア間で渡航が再開しています。すでにニュージーランド航空が数百人の人たちをオーストラリア、シドニーに送り届けています。

制限が解除されたことでニュージーランドからオーストラリアに渡航した人たちは2週間の隔離が必要なくなります。ただしその逆、オーストラリアからニュージーランドに来る人に対しては隔離の義務があります。

つまり一方通行というわけです。

そのせいかニュージーランド航空によるとチケットを購入した約300人のうち90%が片道チケットを購入しているとのこと。

気を付けたいのは隔離の必要がない地域はNSW(ニューサウスウェールズ州)とNorthern Territory(ノーザンテリトリー)のみで、それ以外の地域に行きたい場合は2週間の隔離が必要になります。

ニューサイスウェールズはオーストラリアの東海岸で大きな都市はシドニーです。ゴールドコーストやブリスベンはその北のクイーンズランド州。メルボルンはビクトリア州にあります。

目次

まずは手始め?小さな一歩を踏み出した

今回、オーストラリアはニュージーランドからの入国者に対して、隔離処置を取らなくなりました。

スポンサーリンク

今の段階ではニュージーランド側はオーストラリアを含む全ての国から入国する人たちに対して2週間の隔離を義務付けています。ちなみに費用は約3000ドル、日本円だと20万円から25万円ほどかかります。

今後ニュージーランドも一生この鎖国状態を続けていくことはできません。
どこかで渡航の制限を緩めることになるわけなのですが、その最初の候補がオーストラリアになるかもしれません。

実際「12月、クリスマスまでには再開されるかも」なんていう話もありました。個人的には感染が広がる可能性があるのは嫌だなぁと思う反面、オーストラリアに行きたい(海外旅行をしたい)気持ちとか、いろいろ複雑な気持ちです。

First New Zealand Tasman travel bubble passengers arrive in Sydney – NZ Herald

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元NZ在住40代男性。大阪在住。2005年からニュージーランド15年、カナダで1年の生活を経て2022年に日本帰国。ブログ運営が仕事。

目次