NZニュース

ニュージーランド 日本への渡航リスクを1段階引き上げて「より高度な注意」に

スポンサーリンク

ニュージーランド政府は新型コロナウイルスが日本で感染拡大していることを受けて、2020年2月27日から日本への渡航リスクを「より高度な注意」に1段階引き上げました。

あらかじめお伝えしておくと、これによって日本人がニュージーランドへ渡航することに制限が設けられるわけではありません。

日本への渡航リスクを1段階引き上げ。ニュージーランド

ニュージーランドでは海外への渡航の危険リスクを4段階に分けています。

  1. 通常の安全上の注意 Exercise normal safety and security precautions
  2. より高度な注意 Exercise increased caution
  3. 不要な渡航の回避 Avoid non-essential travel
  4. 渡航禁止 Do not travel

これまで日本は第1段階の「通常の安全上の注意」に設定されていました。

それが今回引き上げられ「より高度な注意」になりました。

これはニュージーランドに住む人たちに対して「日本へ渡航する際に以前よりも注意しましょう」と促すもので、ニュージーランド人が日本へ渡航することを制限するものではありません。

スポンサーリンク

より高度な注意 Exercise increased cautionって何?

今回引き上げられた「より高度な注意 Exercise increased caution」なのですが、具体的にはどういったことなのでしょうか。

ニュージーランド政府が運営するSAFETRAVELという、日本で言うところの「外務省 海外安全ページ」のようなページにExercise increased cautionについて説明がありました。

これによるとExercise increased cautionは以下のようなことを指すようです。

この注意が出ているエリアには、何かしら重大な(significant)安全上の懸念があります。

ほとんどのニュージーランド人には影響がなさそうですが、リスクがあることを自覚し、常に注意を払う必要があります。

日本語で「高度」という書き方をされているので、わかりにくくなっていますが、「より注意しなさい」ということですね。

日本からの渡航を制限するものではありません

冒頭でも触れましたが、今回のニュージーランドで日本への渡航リスクが引き上げられましたが、日本人がニュージーランドに渡航するのを制限するものではありません。

NZの厚生省で日本語のコロナウイルスの説明PDFを用意

今回の新型コロナウイルスに関して、日本の厚生労働省にあたるMinistry of Healthが日本語のコロナウイルス説明用のPDFを作成しました。

このPDFでは

スポンサーリンク

  • コロナウイルスに関してこれまでにわかっていること
  • コロナウイルスに関するQ&A
  • 感染が疑わしいときの相談窓口について
  • ウイルスから身を守る方法

などが書かれています。これからニュージーランドへ渡航を予定している人はパソコンやスマホ、タブレットに保存しておいてもいいかもしれませんね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ABOUT ME
masa osada
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主宰しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のTwitter @masaosadaには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。