クライストチャーチで楽しむ本場四川の味「郷村荘」→思わぬ結末

クライストチャーチの美味しいお店を探しているとよく検索でヒットするブログがあります。
ニュージーランドは毎日ロハス日和♪」さんというブログで、クライストチャーチ市内でケーキ屋さんをやっている方なんですけど、とにかくいつも美味しそうな写真と、「美味しいものが好きな人ならでは」というコメントで、「次行くお店」の参考にさせてもらっています。

そんなニュージーランドは毎日ロハス日和♪のブログで「本場四川の味が楽しめるお店」として紹介されていた「郷村荘」へ先日行って来ました。

「郷村荘」はもともと「福臨門」というクライストチャーチにある小さな中華街にある中華料理屋のシェフをしていた方が独立して作ったお店。もともと「福臨門」には友だちとよく行っていました。

お店に着いたのは6時くらい。
すごく広い店内なのに入り口近くのテーブルで一組だけご飯を食べていました。その瞬間「あれ?ヒマそう…。美味しくないのかな」とイヤな予感がよぎりました。

ところがこの1時間半後には

広いレストランは中国人だけでほぼ満席。
「外国料理のレストランはその国の人が多いところは美味しい」というのが自分の中にあって、このレストランはまさに本場の美味しさを楽しめる場所なようです。

さてさてそんな前置きはさておいて今回食べた料理を紹介します。


サッと湯がいた豚肉と薄切りキュウリを巻いたもの。冷たい前菜です。
その上にちょっとだけピリ辛のニンニクとごまダレのソースがかかってました。夏場とかスタミナ落ちたときにピッタリ。これとご飯だけでお腹いっぱいにしたいくらい美味しかった。


次は春巻きと酸辣湯(スーラータン)
酸辣湯はどこの中華料理屋に行っても毎回注文する定番メニュー。これが美味しいお店は「お気に入り度」がグッとアップ↑です。ちなみにここは酸っぱさも辛さも良かったけど、冷凍のニンジンとグリーンピースが入っていたので、そこがイマイチでした。

春巻きは野菜感満点で、ジューシーさが少ないさっぱり系でした。
個人的にはタケノコとかモヤシあたりと挽肉が入っていて、片栗粉でトロッとした感じの中身が好きなので、美味しかったけど自分の好みの春巻きではありませんでした。


そして四川と言えば麻婆豆腐でしょ。

ご飯にモリッと麻婆豆腐を乗せて、一口パクリ。

ん?

う、

うう…


もうこんな感じでした。

そのあとも食べようとするけど、辛いを通り越して痛い。

でも昔、陳建一(四川料理の鉄人。料理の鉄人にも出てた)の麻婆豆腐のお店で食べたときも同じくらい辛かったし、四川の麻婆豆腐はこれが普通なんだと思います。

ただそのあとは辛くないはずの春巻き食べても、豚の薄切り肉食べても辛い。がんばって半分くらい食べたけど、その先に進めず、でもお腹はまだ空いていたから、さらにもう1品頼みました。


茄子とお肉をじっくり煮たやつ。
辛さゼロでご飯との相性も最高!料理が出てくるまですこし時間があったから、麻婆豆腐で大いに傷つけられた口の中も落ち着いていて美味しくいただきました。茄子はトロトロになってました。

この日は若干口がぴりぴりするけど、美味しいご飯を食べて、ちゃんと麻婆豆腐もお持ち帰りして満足の帰宅でした。

このページの目次

そして翌日

辛いもの食べたせいか、まさかのお腹を壊す事態に。
汚い話だけど、トイレに行ってウ◎チするとお尻がヒリヒリしました…。仕事が休みだったから良かったけど、仕事だったらちょっと大変だったかもしれません。

辛いもの好きにはぜひぜひオススメ。
辛いもの苦手な人は「これ辛い?」と確認しながら、注文すれば美味しい中華料理が食べられますよ。

勝手に評価

今回の評価はお腹を壊してしまったり、ちょっと辛すぎたりなので、若干低めの採点です。

オススメ度:★★★
また行きたい度:★★★
サービス:★★★
美味しさ:★★★ 

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS