「世界最速のインディアン」を見た。NZ好きな人は必見!

FATSOというDVDの宅配サービスを使って、世界最速のインディアン(The World’s Fastest Indian)を見ました。

この映画、アメリカとニュージーランドの合作で映画の中でニュージーランド訛りの英語がふんだんに聞けます。
実は自分自身この映画を見る前に知っていたこの映画の情報は「ニュージー訛り」「面白いらしい」だけでした。ところが最後見終わったら、相当感動しちゃいました。

ザッとあらすじを書いちゃうと、

主人公はインバーカーギルに住むアンソニーホプキンスが演じるバートじいちゃん。
彼はバイク好きで何十年もバイクを改造しながらアメリカで開催される世界最速の男を決める大会に出るのが夢だった。

ところが近所からは彼は変人扱い。63才で世界最速になれるわけがないと馬鹿にされる。

でも彼は自分が作ったバイクが世界最速だと信じている。
そしていろいろあって大会に出場でき、アメリカに行ってひどいニュージーランド訛りの英語でコミュニケーションに困りながら大会の地へ行く。そして…という話。


このあたりでもうドッキドキ度はかなり↑↑です。

内容をアレコレ書くと見たときつまらないのであんまり書きません。
ただすっっっごく面白いです。心温まります。そしてニュージーランド人らしさがよく出ています。アンソニーホプキンスの訛りもすごく上手です。

ただ一つ言いたいことがあります。
この映画にはニュージーランド訛りとアメリカ訛りの英語が出てきます。

ニュージーランドに来たとき、Kiwiの訛りは英語に聞こえないほど訛りを感じました。

ところがニュージーランド生活も4年が経ち5年目に入ろうという今、
ニュージーランド訛りの方が聞きやすい!

アメリカ訛りは聞き取りにくい。アメリカ訛りはホント聞こえないって再確認しちゃいました…。
一応アメリカ英語を勉強している日本人にとってアンソニーホプキンスの英語はかなり聞き取りにくいかもしれません。

世界最速のインディアン。
ニュージーランド訛りに慣れたい人には絶対にオススメの映画です。内容もすごく面白いし、感動するし、何より全編ニュージーランド訛りの英語満載です。

ニュージーランドに住んでる人はFATSO(レビュー記事)に加入したら割といつでも借りられますよ。

勝手に評価

オススメ度:★★★★★
ドキドキ度:★★★★(最後の方)
感動:★★★★
男の子向け度:★★★★
女の子向け度:★★★
また見たい度:★★★★
NZ度:★★★★

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS