NZニュース

エコノミークラスの利用者は他のクラスより満足度が高い!?ある調べで明らかに

スポンサーリンク

エコノミークラスとビジネスクラス。料金を見ると雲泥の差があります。

料金が高ければ利用者の満足度が高いのか?というと、実はそうでもないそうなんです。

ある調べによると、エコノミークラスを利用した人たちの方がビジネスクラスを利用した人たちよりも満足度が高い傾向にあることがわかりました。

エコノミークラスの方が満足度が高い!?

シドニー空港 ボーイング747-400 正面から

旅行管理アプリの「TripIt」が2018年6月から2019年6月まで約1年のあいだで、約100万フライトを対象に利用者の満足度の調査を行いました。

その調査によると、飛行機の利用者の満足度はその座席の価格に比例しないことがわかりました。

ビジネスクラスやプレミアムエコノミーは、足元の広さや食事のクオリティー、出発前に提供されるちょっとしたお酒などでエコノミーと比べて満足度が高いのは事実です。

スポンサーリンク

ただしビジネスクラスやプレミアムエコノミーの料金に見合ったサービスを期待するため、実際のサービスはその期待を上回ることがなかなかできません。そのため満足度が下がってしまうわけです。

何にお金を払っているのか。透明性が大切

近年、航空券の料金は多種多様です。
同じエコノミーでも「◯◯割」や「△△セーバー」などの価格差があったり、預け荷物有り無し・食事有り無し・手荷物が7kgではなく10kgになるなどいろいろなオプションがあります。

旅行管理アプリ「TripIt」の調査でわかったことは、利用者は自分がどんなサービスを得られるか、また払った料金に見合ったサービスを受けられるのか、わかることを望んでいるそうです。

機内Wi-Fiはあまり期待されていない

つい先日、ニュージーランド航空の無料機内Wi-Fiについてレビューを書いたばかりですが、旅行管理アプリ「TripIt」の調査で機内Wi-Fiについての記載もありました。

ニュージーランド航空の無料の機内Wi-Fiを試してみた

これだけ生活の中でインターネットが切っても切れない存在になりましたが、TripItの調査によると、機内Wi-Fiのあり/なしや、回線状況の善し悪しが機内体験の評価を変えることはあまりないとか。

というのも今の時点で速度や安定性などを含めて快適な機内Wi-Fiを提供する航空会社はほとんどありません。そのためそもそも機内Wi-Fiは期待されていないため、回線が良くても悪くてもそれ自体が評価を大きく変えることはないのかもしれません。

スポンサーリンク

情報元:New Zealand HeraldTravel+Leisure

実際のところどうなのでしょう

アレコレ書きましたが、結局のところ「コスパがいいか?」何だと思います。

TripItのアンケート結果は「エコノミーは狭いしサービスも他のクラスよりは悪いけど、コスパは一番良いから満足度が高い」ということです。

僕は過去に一度だけビジネスクラス(今はもうないクラス)を利用したことがあります。

といっても、ニュージーランド航空が提供する「OneUpアップグレード 」というオークションで座席をアップグレードできる仕組みを使って、ビジネスクラスにアップグレードしました。

つまり僕はビジネスクラスを利用したとき、正規料金を払っていないわけです。なので、エコノミークラスの料金+ちょっとの追加料金でビジネスクラスを利用できたのでコスパは最高でした。

ニュージーランド航空のプレミアム・エコノミーの正規料金は24万円、ビジネスクラスは41万円です。でももしこれだけの料金を払って、どのくらい満足度があるのか、その辺は僕にはわかりません。

スポンサーリンク

ちなみに今、ニュージーランド航空が行っている最安値7.9万円のセールはコスパで考えたら最高です。そういう意味でもっとも満足度が高いチケットの買い方の1つなのかもしれません。

もし読者の方で無償アップグレードやOneUpなどのアップグレードサービスを使わずに自腹で、エコノミー以外の席を使ったことがある方がいたら、その時の料金に対する満足度がどんな感じだったか教えていただけると嬉しいです。

コメントはFacebookページ、またはTwitterにいただけると幸いです。

よろしくお願いします。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ABOUT ME
masa osada
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主宰しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のTwitter @masaosadaには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。