あまりにも違いすぎるニュージーのアイスコーヒー|ベスト・ヒッツ

ベストヒッツシリーズ

この記事は、過去に投稿された記事の中からアクセス数が多かったり、人気が高い記事、それとニュージーランドらしさを読者の方に味わっていただけそうなものを、改定・加筆した記事です。

他のベストヒッツシリーズを見てみたい方はこちらをご覧ください。


あまりにも違いすぎるニュージーのアイスコーヒー

ニュージーランドに来てアイスコーヒーを頼んだことありますか?
頼んだことある人の大半が出てきて「いやいや、こんなの頼んでないよ」と言いたくなるものが出てきたと思います。

日本でアイスコーヒーを飲みたい時といえば

  • 冷たいものが飲みたい
  • コーヒーが飲みたい
  • アイスラテみたいに牛乳入ってなくてさっぱりしたのが良い

そんな気持ちのときだと思うんです。

ところがニュージーランドのアイスコーヒーはこういった気持ちをまったく満たしてくれるものではありません。

まず日本人がイメージするアイスコーヒーってこんなものですよね。

左のコーヒーがアイスコーヒー。右がアイスラテです。

ところがニュージーランドだと、こういうのをアイスコーヒーと呼びます。


どちらにも共通しているのは、生クリームたっぷり、ミルクもたっぷりです。

お店によっては、アイスクリームがのっていたり、さらに中にも入っていたり。あとマシュマロとかがのってることもあります。その上にチョコパウダーとかチョコソースがかかってたりします。

とにかく甘い。歯が溶けるほど甘いです。

世界的なチェーン店のスターバックスでも、ニュージーランドではこの震えが来るほど甘いコーヒーをアイスコーヒーと呼びます。

なので、さっぱりしたものを飲みたくて頼むと、真逆のものが出てきて一瞬ギョッとします。

では、何を頼めば自分たちが思っているアイスコーヒーが出てくるんでしょう。

それは「Iced Americano」を頼んでみてください。
メニューに書いてなくても「Do you do Iced Americano?」と聞いてみると作ってくれるお店が多いです。

でも、これもニュージーランドの文化の一部です。
ニュージーランドに旅行やワーホリで来て、甘ーーーーーいものを飲みたくなったらぜひ1度試してみてください。
デザートとして考えると、けっこう美味しいですよ。

ベストヒッツシリーズについて

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS