ニュース

まさか!?なモノを背負った男性がドライブスルーに出現 in ニュージーランド

今日は「そんなバカな」というニュースを紹介します。
ドライブスルーと言えば車に乗って食べ物を注文して、持ち帰るサービスを誰もが想像するし、誰もがドライブスルーに並んでいるものといえば、車を想像すると思います。

ところが先日、ニュージーランドで「まさか」なものを背負った男性がマクドナルドのドライブスルーで食べ物を注文していたそうです。

以前、馬に乗った人がドライブスルーに現れたというニュースはありましたが、いったいその男性は何を背負っていたのでしょうか。そもそもドライブスルーは「車に乗った人」が利用する場所です。

「人が何かに乗っている」のではなく、「人が何かを背負っている」ということ自体不思議です。

問題:男性はいったい何を背負っていたのでしょうか

突然ですが、問題です。

ニュージーランドのマクドナルドのドライブスルーに現れた男性は何を背負っていたのでしょうか。以下の5つからお選びください。

スポンサーリンク

  1. 疲れて歩かなくなった飼い犬
  2. 壊れたバイク
  3. 狩りで捕まえた鹿
  4. 丸く束ねられた干し草
  5. 人には言えない壮絶な過去

さてThinking Timeスタートです!

馬に乗ってマクドナルドに行く人が時々話題になるニュージーランド

McDonald's

答えを紹介する前に、以前ニュージーランドで起きた「ドライブスルーに馬で行った人」の話をサラッと紹介します。

ちょうど2年前、2017年4月にオークランドの郊外にあるマクドナルドのドライブスルーに、馬に乗った二人組が現れ、ハンバーガーなどを注文するという珍事が起こりました。この時、店は「衛生上の問題」などを理由に販売を断ったそうです。

そのさらに3年前、つまり今から5年前にもクライストチャーチの郊外で馬に乗った女性がマクドナルドのドライブスルーに現れ、特に断られることなく提供されたとのこと。

https://nzlife.net/archives/14102

なぜかニュージーランドでは定期的に「馬に乗った人がマクドナルドのドライブを利用する」というニュースが報じられているんですね。

答え:マクドナルドに現れた男性が背負っていたモノとは!?

さて、答えの時間です。いったい何を背負っていたのか。それは実際にFacebookに投稿された動画を見て確認してみてください。

ちなみに音声なくても楽しめます。答えは動画を再生しなくてもわかってしまうかもしれませんね。。。

ニュージーランド航空が安い!往復8.9万円から

ニュージーランド航空が、12月16日まで最安値が往復8.9万円のセールを開催中です!
しかも今なら同時申し込みで各種ツアーやホテルが最大15%安くなるキャンペーンも実施中。

セール終了は12月16日まで。渡航対象機関は12月16日から2020年7月15日まで

詳しい情報は「セールの詳細ページ」をご覧いただくか、「予約ページ」へ直接アクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!


答えわかりましたね?そうです。人には言えないそうぜt

答えは「狩りで捕まえた鹿」でした。

この鹿を捕まえてドライブスルーを利用しようとしたのはTehanairo Tetawhero(テハナイロ・テタフェロ)という男性です。彼はTaumarunui(タウマルヌイ)というTaupo(タウポ)の西にある街に住んでいます。

狩りに出かけたテハナイロは無事に鹿を捕まえ家に帰る途中でした。時間が遅かったこともあって、夕食用にマクドナルドのドライブスルーでチーズバーガーとマックチキンを頼んでいるところを、友人に目撃されてしまいました。

ちなみに今回の件についてマクドナルドはコメントを控えています。

情報元:Staff.co.nz

ドライブスルーを使ったのは男性の配慮?

今回のニュースを読んで「男性は銃を担ぎながら徒歩で鹿を捕まえに行って、帰りはその捕まえた鹿を担いで家に帰ること」に驚きました。

スポンサーリンク

車で山まで行って狩りをしたあと、車に鹿を積んで家に帰るのではなく、すべて徒歩です。

Googleマップのストリートビューで見る限り、マクドナルドが山に面しているわけでもないし、「なぜ徒歩で行った?」という疑問があります。

ところで、どうして男性はドライブスルーを使ったのでしょうか?
これは僕の勝手な想像なのですが、それは彼なりの配慮だったのではないでしょうか。

というのも、狩った鹿を背負ったままマクドナルドやスーパー、フィッシュ&チップス屋に入ったら「衛生上の理由」で「出て行ってくれ」と言われるはずです。だからといって、店の入り口に狩りたての鹿を置いて店内に入るわけにもいきません。

そうなると「食事をゲットする」のに一番無難な方法がドライブスルーを利用することだったのではないでしょうか。まぁ、何も考えず立ち寄ったという可能性も十分にありますけどね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ABOUT ME
masa osada
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主宰しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のTwitter @masaosadaには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。