旅行ニュース

ニュージーランド航空。国内線の通常価格を最大50%カット!?対象は40路線にも及ぶ

ニュージーランド航空がニュージーランド国内の国内線の価格を最大で50%カットすると発表しました!

対象となる路線は40路線にも及ぶそうです。これからニュージーランド国内を旅しようとしている人に取って目が離せませんね。

NZ国内線の価格を最大50%カット!?過去最大規模の価格変更がやってくる

機内からの眺め ニュージーランド航空 Air New Zealand

ニュージーランドの新聞社stuff.co.nzによると、今回のニュージーランド航空の価格変更は今日2月26日から明日2月27日のあいだに行われるそうです。

つまりこの記事を執筆している2月26日 NZ時間の11時半の時点で新しい価格は発表されていません。

今回のような大規模な価格変更は2002年に料金体系を変えてから初めてとのことです。

2002年の変更では大幅な値下げや、予約ルールの簡素化、インターネットでの販売強化や予約しのしやすさにフォーカスが当てられました。

スポンサーリンク

またそのタイミングで国内線の機体をAirbus A320Sにし、国内線でビジネスクラスの撤廃、その分エコノミークラスを増やすなど行ったそうです。ビジネスクラスをなくしたことで席が増え、オークランド-ウェリントンなど多くの路線で収益を上げたとか。

どのくらい安くなるのか

これから旅行する人に取って気になるのは、「どのくらい安くなるのか」「どの路線が安くなるのか」だと思います。

ところが残念ながら2月26日午前11時半現在、どのルートで幾らになるのかは明らかにされていません。

価格変更が行われたときの参考になるよう、試しに価格変更前の値段を書き残しておこうと思います。価格は2月26日調べで、すべて「4月1日(月)オークランド発 」のものです。

  • ロトルア … 73ドルから124ドル
  • パーマストンノース … 52ドルから211ドル
  • ウェリントン … 52ドルから307ドル
  • ネルソン … 49ドルから264ドル
  • クライストチャーチ … 59ドルから186ドル
  • ダニーデン … 83ドルから324ドル
  • クイーンズタウン … 83ドルから409ドル

新しい価格が発表されたら、この表に書き加えようと思います。

また今回の変更に伴って、よりデジタル化を図ったり、チェックインや機内のサービスも向上するとのこと。

日本でチケットを買う場合は注意です

今回の発表はニュージーランド国内に拠点を置くAir New Zealandが発表を行ったもので、価格はすべてニュージーランドドルとなります。

スポンサーリンク

日本に拠点を置くニュージーランド航空で「日本-ニュージーランド」の国際線と併せてニュージーランド国内線のチケットを買う場合、その価格変更がどこまで適応されるのかはわかりません。

変更が加われば、日本語版のニュージーランド航空のウェブサイトの価格にも反映されると思いますので、近日中にチケットを買いたいと思っている方は今現在の価格を見ておいて、購入時に値段が変わっているのかチェックした方がいいかもしれません。

情報元:Stuff.co.nz

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ABOUT ME
masa osada
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主宰しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のTwitter @masaosadaには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。