トラベル

最安値は7.9万円!ニュージーランド航空がセールを開始

ニュージーランド航空が本日2月14日からセールを始めました!

今回のセール。かなり安いです。最安値はエコノミーで7.9万円です。
7.9万円ですよ、7.9万円。LCCの値段ではなく食事も機内エンターテイメントも付いてきます。

今回の記事では本日から始まったニュージーランド航空のセールがどんなセールなのかお伝えします。それと今回のセールはただ安いだけでなく、プラスαの要素もありますので、最後まで読んでチェックしてみてください。

最安値が7.9万円の激安セール開催

Bulrushes

今回のセール。久しぶりに「安いの来た!」と飛びつきたくなるような値段「最安値7.9万円から」です。

先に触れておくとプレミアム・エコノミーもビジネス・プレミアもセールの対象となっていて、プレミアム・エコノミーは18.4万円から、そしてビジネス・プレミアは28.9万円からです。
※わかってますけど、これらは高いですね。。。僕には逆立ちしても手が出ません。

気になるセール対象の渡航期間はいつ?

さて気になるセールの渡航期間ですが、3月10日 日曜日から7月11日 木曜日となっています。つまりニュージーランドの「秋から冬にかけて」ということです。

「秋から冬にかけて」ということは、秋なら南島のオタゴ地方へ行って紅葉を楽しむことができますね。今年のアロータウン(Arrowtown)のAutumn Festivalは4月23日に開催されます。

スポンサーリンク

また、ニュージーランドは6月から冬といわれていて、6月中旬から下旬ならスキーを楽しめるかもしれません。こればっかりはその年によって時期が変わってしまいますけど。

残念ながら渡航期間が7月11日までなので、夏休みにニュージーランドへ行きたかった人は対象から外れてしまいますが、ゴールデンウィークや遅めの卒業旅行、あとはゴールデンウィークなどのピーク時をあえて外したオフピーク時の旅行にピッタリのタイミングですね。

ちなみに3月から7月がどんな気候か、またどんな服装を着ていくのがいいか知りたい方は別の記事で紹介していますので、そちらをご覧ください。

忘れてはいけないセールの期間は

セール期間は「今日2月14日から3月11日 月曜日まで」となっています。

「まだ1ヶ月くらい余裕があるから、のんびり決めよ」と思った方は要注意ですよ。別に煽るつもりはありませんが、安いチケット、いいチケットは早いうちになくなってしまいます。

以前、セールが始まってすぐとしばらく経ってから値段が変わるのか調べたことがあって、値段は上がる傾向にありました。もちろんセールが数量限定なのか?などに寄りますが、早めに予約をしておいて損はありません。

まずは値段チェック。そこから考えよう

いつもお勧めしているのは「この時期休めるかなぁ」と考えるよりも、まずはニュージーランド航空のウェブサイトにアクセスして「値段をチェック」してみることです。

というのも、「この日ならいけるかも」という日にちに本当に休めるのか確認したり、いろいろ社内や家庭内、また一緒に行く友人と話をするのは時間がかかります。

仮に「行けそう」となっても、その日のチケットがあまり安くなかったら、話し合いをしたり日程を調整しても意味がありません。まずは値段をチェックして「この値段なら行ける」とか「この日程は無理だったけど、この日なら何とかなる」と目星を付けてから、日程調整や社会・家庭内ネゴをしたほうが効率的です。

「これは!」というチケットを見つけたらフェアホールド

それとニュージーランド航空は「フェアホールド」という表示した運賃を3日間だけ確保できるサービスがあります。このサービスを使うと「思わぬ日に激安の日を見つけた!」なんていうときに、3日間は値上げを起こさずに購入することができるというものです。

3日間フェアホールドしているあいだに友達や家族、職場に話を付けて購入に踏み切るというのも1つの手ですね。

フェアホールド|ニュージーランド航空

テカポの星空ツアーが当たる!?

今回のセール期間中(2月14日から3月11日)のあいだに往復航空券を予約すると、テカポの星空ツアーが当たるそうです!!これけっこう魅力的です。

僕はツアーに2回参加していますが、2回とも大満足の結果でした。

「テカポの星空ツアーが当たる」件についてはニュージーランド航空の応募ページをご確認ください。

航空券予約でテカポのアース&スカイ星空ツアーが当たる!| ニュージーランド航空

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ABOUT ME
masa osada
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主宰しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のFacebookには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。