番外編

【ゴールドコースト編 01】ニュージーランドはやっぱり世界の僻地かもしれない

実は数日前からオーストラリアのゴールドコーストに来ています。

今回から数回に渡って、普段の投稿内容にあわせて番外編としてゴールドコーストにまつわることも紹介していきたいと思います。

とは言っても、ゴールドコーストの滞在の様子を紹介しつつ、ニュージーランドと比べてどうなんだろう?というニュージーランドを絡めたことをいろいろ紹介していきたいと思っています。

まず番外編の1話目は、どうしてゴールドコーストに来たのか?についてです。

ゴールドコーストに突然来た理由とは

 

View this post on Instagram

 

Masa Osadaさん(@masaosada)がシェアした投稿

今回、なんの前触れもなく突然ゴールドコーストに来ました。旅行自体ものすごく突発的なものでした。

スポンサーリンク

もともと「年末か年始に旅行に行きたいね」なんて話をしていたんですけど、どこに行くのか、いつ行くのかまったく決めていませんでした。

それが12月30日か31日に重い腰が上がり、そこからどこに行くか調べ始め、1月2日の朝起きてすぐ、布団の中でゴールドコースト行きの航空券とホテルを予約してしまいました。

しかも、ゴールドコーストはもともと案にない、過去に「ゴールドコースト行ってみたいね」なんて話したこともない場所でした。

もともとはハワイとかフィジーとかに行くつもりだったんです。

でも、ハワイは安い航空券がなく、また移動時間も長く、現地のホテルもたかかったので「ちょっと上乗せすれば日本に帰れる」、むしろ日本に行くより全体で見たら高く付くくらいの金額だったのですぐに却下に。

フィジーは安いチケットとお手頃なホテルも見つけて、ポチッとする直前まで行きました。でも、3歳の娘が楽しめる要素が少ないのと、旅の期間が一週間だったので、長すぎて持て余すのでは?なんていう懸念があって、保留になりました。

そこへ現れたのがゴールドコーストです。

ウェリントンから直行便で3時間半。ビーチを楽しめながら、街もある。しかも娘が動物大好きで動物園もある。海洋生物に触れ合える機会もあるかもしれないなどなどがあり即決しました。

セールあと7日で終了!ニュージーランド航空

ニュージーランド航空が2019年最初のセールが28日で終わってしまいますよ!
最安値は8.9万円で渡航期間は1月から7月までです。プレミアム・エコノミーやビジネス・プレミアもセールを行っています。

詳細はニュージーランド航空のウェブサイトをご覧ください。

改めてニュージーランドは僻地だと実感

今回、「どこに行こう」とプランを練る中で、世界地図を広げてニュージーランドから比較的気軽に行ける場所はどこだ?と改めて考えてみました。

すると改めてわかったことがありました。

一緒にGoogle Mapsや世界地図を見ながらニュージーランドの僻地具合を確認すると面白いかもしれません。

ニュージーランドの東西南北にある国がどこなのか調べてみましょう。

ニュージーランドの東に隣の国はありません。あえて言えば東の隣の国はチリです。距離でいうと9,200キロほどあります。それを「隣」とは言えません。

では北は?というとやっぱり何もありません。真北にはアラスカがあります。これも距離は相当です。北北西に行けば一番近い国は日本です。日本も隣の国とは言いにくいです。

そして南には本当に国がありません。あるのは南極です。

ニュージーランドに比較的近い国というのは主にニュージーランドの西側にあります。

スポンサーリンク

  • オーストラリアの東海岸の都市
    (シドニー、メルボルン、ブリスベン、ゴールドコーストなど)
  • フィジー
  • ニューカレドニア
  • ラロトンガ(ニュージーランド領、南太平洋の諸島)

これくらいしかないんですね。つまりニュージーランドは世界一辺鄙なところにある国といっても過言ではありません。他にあったらお知らせください!

そのなかで今回はウェリントンから直行便があり、しかもシドニーやブリスベン、メルボルンではなく直感的に「ここ」と思えたのがゴールドコーストでした。

しばらくゴールドコースト編が続きます

ということで、全部で一週間ほどゴールドコーストにいますので、記事の内容がゴールドコーストにまつわる情報が増えそうです。

上でも触れましたが、ニュージーランドに10年ちょっと住んでみて感じるオーストラリア、というよりゴールドコーストってどうなの?という情報を交えていきますので、できるだけニュージーランド好きな人も楽しんでもらえるような記事にしていきたいと思います。

以下はゴールドコースト編の記事一覧です。

それとゴールドコースト編とは別にニュージーランドのことも紹介していきますので、よろしくお願いします。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

ABOUT ME
masa osada
masa osada
日刊ニュージーランドライフと日刊英語ライフを主宰しています。 → 詳しいプロフィールはこちら、個人のFacebookには日々の生活を載せています。フォロー大歓迎です。